写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマハ発動機は18日、原付一種スクーター「ジョグ CE50」シリーズと「ビーノ XC50D(ビーノ デラックス)」のカラーリング設定などを変更した2017年モデルを2月14日に発売すると発表した。

「ジョグ CE50」シリーズは、スタンダードの「ジョグ CE50」、フロントディスクブレーキとシルバーキャリパーを装備した「ジョグ CE50D(ジョグ デラックス)」、ローシートの「ジョグプチ CE50P」、スポーティな「ジョグ CE50ZR(ジョグ ZR)」の各4シリーズをユーザーの志向や用途に合わせて新しく展開。ロゴの刷新とカラー&グラフィックも新たに設定した。

「ビーノ XC50D」は、レトロ感を表現したファッションスクーターで、2017年モデルは3つの新色を加えた6色を設定。新色では、ボディとシートを同色としたコーディネートや、トレンドのビッグロゴなどを配したカラーリング&グラフィックで、ベージュは「ガーリー&モダン」、ブルーは「レトロ&ポップ」、マットグリーンは「クール&モダン」という3つのテイストを演出している。

価格は「ジョグ CE50」17万1,720円、「ジョグ CE50D」18万4,680円、「ジョグプチ CE50P」17万1,720円、「ジョグ CE50ZR」20万5,200円、「ビーノ XC50D」20万9,520円(価格はすべて税込)。

(木下健児)