写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スズキは18日、スポーティーなデザインと力強い加速性能や優れた燃費性能を兼ね備えた150ccの新型ロードスポーツバイク「ジクサー」を発表した。1月27日に発売される。

「ジクサー」はスズキの大型スポーツバイクと共通のイメージとなる、ヘッドライトからタンクまでの一体感や、ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザインなど、スポーティーなスタイリングとしたモデル。フリクション低減や燃焼効率向上を図った専用開発のコンパクトな154ccエンジンを軽量で剛性の高いフレームに搭載することで、低速からの力強い加速性能と優れた燃費性能(58.8km/リットル)を実現した。

さらに、フルデジタル表示の液晶多機能メーター、大径の前後輪ディスクブレーキ、大径フロントフォーク、7段階調整式リヤサスペンションなど、スポーツバイクにふさわしい装備を採用する。車体色は「トリトンブルーメタリック」「グラススパークルブラック」「グラススパークルブラック / キャンディソノマレッド」の3色を設定した。

「ジクサー」は2014年にインドで生産・販売を開始し、アジアや中南米向けを中心に輸出しており、インドで13の部門でバイクオブザイヤーを受賞するなど海外市場で好評を得ている。スズキは「ジクサー」を日本市場に投入することで、軽二輪車の新規需要を開拓するとしている。「ジクサー」の価格は31万6,440円(税込)。

(木下健児)