15年は藤枝MYFCでプレーしていたFW小川直毅

写真拡大

 ガンバ大阪は20日、FW小川直毅(21)の契約満了を発表した。

 兵庫県川西市出身の小川はG大阪の下部組織出身で、14年にトップ昇格。ルーキーイヤーのナビスコ杯(現ルヴァン杯)でプロデビューも果たした。2年目の15年はJ3の藤枝MYFCに移籍。昨季はG大阪に復帰していたが、トップチームでの出場はなかった。

 クラブを通じ小川は「下部組織からガンバで8年、大変お世話になりました。プロ生活のスタートをガンバで切れたことは幸せでした。大好きなガンバでプロになれたのも両親をはじめ、周りの人の支えがあったからです。なに1つ結果も残せず、こんな恩知らずの事になってしまった事が残念です。悔しいです」。

「だからこそ地に這いつくばってでも、また必ずのし上がってきます。成長した自分をもう1度見てもらえるよう頑張ります。こんな頼りない、情けない自分を応援していただいて本当にありがとうございました。強くて上手いガンバ大阪。熱い熱いガンバサポーター。本当に大好きでした。これからも強いガンバ大阪であり続ける事を心から願っています」とコメントした。


●2017年Jリーグ移籍情報