写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは28日、「2シリーズ アクティブ ツアラー」「2シリーズ グラン ツアラー」のラインアップに、新世代4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンとインテリジェント4輪駆動システム「xDrive」を組み合わせた「218d xDrive」を設定して発売する。

「2シリーズ アクティブ ツアラー」は、スポーティな走りと広々とした室内空間、高い機能性・快適性を融合したモデル。一般的な機械式駐車場にも収まるボディサイズとするなど、日本市場の特性も考慮して開発された。「2シリーズ グラン ツアラー」はスポーティなスタイリングと運動性能、最大7人の乗車が可能な広々とした室内空間を両立したBMW初のMPVとなっている。

今回登場した「218d xDrive」は、ディーゼルエンジンと4輪駆動システムを搭載したセグメント唯一のプレミアム・コンパクトMPVとなる。新世代2.0リットル直列4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンは150PSを発揮。8速オートマチックトランスミッションやエンジン・オート・スタート/ストップ機能との組み合わせで、20.0km/リットルという低燃費を実現している。

インテリジェント4輪駆動システム「xDrive」は、俊敏性と4輪駆動の長所である走行安定性を高次元で融合したシステム。通常走行では駆動トルクの大部分がフロントホイールに伝えられるが、ステアリングの切れ角やホイールの回転速度などの車両データからオーバーステアやアンダーステアなどの兆候を察知すると、電子制御式多板クラッチが瞬時に前後アクスルへ駆動トルクを可変配分する。

「218d xDrive アクティブ ツアラー」の価格は398万円から。「218d xDrive グラン ツアラー」の価格は424万円からとなる(価格はすべて税込)。

(山津正明)