写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立マクセルは19日、Bluetoothワイヤレスレシーバー「MXH-BTR300」を発表した。カラーはブラックとホワイトの2色で、イヤホンが付属するモデルも用意する。発売は1月25日で、価格はオープン。

イヤホンをワイヤレス接続で使用するためのBluetoothレシーバー。省電力性能に優れ、約8時間の連続再生が可能となっている。コンデンサー型マイクを内蔵し、ハンズフリー通話にも対応する。最大で8台の機器とペアリングでき、同時待ち受けは2台まで可能。本体サイズはW44mm×D16mm、重量は約16g。

・Bluetooth: 4.1
・コーデック: SBC
・プロファイル: A2DP / AVRCP / HFP / HSP
・音声出力: 3.5mmステレオミニジャック
・付属品: 充電用ケーブル1本(約30cm)

(リアクション)