IKEAが家具の「下取りサービス」をスタート! 愛着ある家具を捨てずにすむ&また誰かに大事にしてもらえる!

写真拡大

あと少しだけ寒い時期に耐えれば、もうすぐ春。心機一転の季節ですね。引っ越しや模様替えをして、それを機に「家具を処分しようかな」と考えている方も多いのではないでしょうか。

だけど、まだまだ使えるものなら、捨てるのはもったいないですよね。そこで朗報! そのいらなくなった家具、IKEA製品ならば下取りしてもらえるかもしれません!

IKEAは1月19日から「家具の下取り・還元サービス」を全国でスタートしました。まだ使えるIKEA製品を、大切に使ってくれる誰かに引き継いでみませんか。

【家具も大切な資源】

スウェーデン発の家具店・IKEAは、ごみを出さないクリーンな社会の実現に向けた取り組みを行っています。今回スタートしたサービスはその一環。まだ使える家具は大切な資源であるという考えのもと、不要になった家具を引き取りきれいにして、それが必要な人に供給するシステムを整えたのです。

【申し込みから還元までの流れ】

サービスを利用するには、まずIKEAのサイトで査定申請フォームに記入し、家具の画像を添付します。

査定が終わると「査定額」「査定額の有効期限」「持ち込み方法」などがメールで届きます。家具はバラバラにする必要はなく、そのままIKEAに持っていけばOK。引き取り後、査定額がリターンカード(IKEAのプリペイドカード)で還元されます。

引き取られた家具は、メンテナンス後にIKEAのアウトレットで販売されます。

【対象になる家具の条件は?】

対象となるのは、屋内で使用されたIKEA製の家具。ただし、ガラスが含まれるもの、屋外で使用していたもの、ベビー用家具、ベッド・マットレス、3辺の合計が4メートル超の大型収納家具はNGとなっています。

ちなみに、去年2月からこのサービスを先行スタートしたIKEA新三郷のデータによれば、下取りされた家具のうち92パーセントが再販に。つまりほとんどの家具が「第2の人生」を歩んでいるのだそうです。

「捨てるのはもったいない!」というIKEAの家具を持っている人は、「下取り・還元サービス」の利用を考えてみてはいかがでしょう。

参照元:PR TIMES IKEA
執筆=シナモン (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む