写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デジタルガレージ(DG)と台湾の鼎鼎聯合行銷(DDIM)は1月19日、DDIMが台湾で展開する共通ポイント・サービスである「HAPPY GO」の会員向けに、ポイント優待型越境ECモールである「HAPPY GO 日本線上購(Point Online Mall)」(HAPPY GOモール)を共同開発し、提供開始した。初年度の取扱額として約8億円を見込む。

HAPPY GOは、台湾の人口約2337万人(日本外務省調べ)の半数を超える約1400万人の会員が登録しており、大手百貨店やコンビニエンスストアなどといった約1万6000以上の加盟店を有する台湾最大の共通ポイント・サービス。

DGとDDIMは、訪日時に店舗で購入したHAPPY GO会員にポイントを付与するインバウンド施策を2015年から展開している。今回、台湾から日本のECショップでの購入に対してポイントを付与するポイント優待型越境ECモールとして、新サービスを開始した。すでに、日本国内の大手ECショップや宿泊予約サイトなど9サイトを掲載している。

同サービスは、出店する日本のECショップや宿泊予約サイトでの購入や成約金額に応じてポイントを付与し、越境ECの利用を促進するという。また、台湾の身分証IDに紐づいた会員を対象とした同サービスは高い認知度と安全性があるため、出店する日本のEC事業者は越境ECに参入するリスクの軽減と、モール上での高い販促効果が期待できるとしている。

DGでは、HAPPY GOモールを通してEC事業者の越境EC市場への参入を積極的に支援するほか、今後見込まれるHAPPY GOユーザーのニーズに応えるべく、DGは日本国内の多様な場面でHAPPY GOポイントが獲得できるサービスを拡大していく予定。

今後もDGは、アジア各国の企業と積極的に連携を図り、海外展開や日本国内における集客を推進する多様なマーケティング施策を支援し、多角的な越境EC・インバウンド事業を展開していく方針だ。

(山本善之介)