まさにザ・シムズのNASAバージョン!

先月NASAからリリースされた「NASA Science Investigations: Plant Growth」というアプリ。これは国際宇宙ステーションで宇宙飛行士としての任務をこなしながら、野菜栽培装置(The Vegetable Production System: Veggie)を使って野菜をどうやって宇宙で育てるかを学べるアプリなのです。しかも、他の宇宙飛行士と話すなんてこともできちゃいます。

国際宇宙ステーション、一度は行ってみたいですよね。このアプリで宇宙飛行士の一員の気分になっちゃいましょう。あるいは宇宙ステーションには興味がなくても、宇宙でどうやって野菜を育てるか気になる人もいるはず。さて、どんなアプリなのか見てみましょう。

野菜の前に、最初は国際宇宙ステーション内でどのように動くのかの勉強です。宇宙飛行士そのものですね。作りや機材など、船内が美しく再現されています。中は無機質でどこも同じように見えるので迷ってしまいそうが、宇宙船ですから当然です。まずはステーション内になれることからですね。


170117nasaapp2.jpg


ステーション内を周りながら空中に浮いているものを集めたあと、同僚の「Naomi」さんを探しましょう。Naomiさんから野菜作りを手伝うように言われます。そのあと無数に浮いているラップトップの中から野菜作りに必要なひとつを探し出す必要があるようです。


170117nasapp3.jpg


ステーションの中の様子に慣れたら、いざ野菜作りを開始です。水、光、そして空気をうまく調節しながら野菜を育てて行きます。「サラダを作れるくらいのレタスを育てる」などの任務が次々にあるようです。


170117nasapp4.jpg


レタス作りに失敗すると...。


170117nasaapp5.jpg


か、悲しい! ゲームオーバー! 次に進めません。一つずつ愛でながら作っていかないと次の野菜にいけないのです。でも、宇宙で野菜を育てるのに大事なことなどを勉強できるようになっていますよ。

「宇宙での滞在期間がどんどん長くなっている中、国際宇宙ステーションでの野菜作りは大変重要になってきています。食物や栄養として重要なだけでなく、育てるということは精神的な面にも効果があります」と話すのは、NASA-Johnson宇宙センターのプロジェクトマネージャーSharon Gozaさん。

国際宇宙ステーションで働いている気分になれて、宇宙での野菜作りなどサイエンスも勉強できちゃうなんて、大人も子供も楽しめそうですね。


・宇宙ステーション内部を4K魚眼カメラで探検しよう


images by Screenshot from NASA Science Investigations: Plant Growth
source: NASA

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文]
(岩田リョウコ)