バラとチョコのハーモニー。じっくりと味わう贅沢な焼き菓子【甲斐みのりの「おやつの時間」】

写真拡大 (全4枚)

「サウスアベニュー」は、西荻窪にある大好きなオーガニックジャスミン茶専門店。年に一度、スタッフ自ら中国で1年分の茶葉を買い付け、量り売りをしたり、ブレンドティーを販売しています。
畑や生産風景を自分たちの目と舌で確かめ、本当にいいものだけを選んでいるから、客側の信頼も厚く、長年のファンもたくさん。お店では、茶葉の買い付けで訪れる中国旅のアルバムを、臨場感溢れる話を聞きながらめくるのも楽しみの一つです。
昨年の秋にお店を訪ねた際には、シルクロードの荒涼とした大地に咲くという、苦水バラのお茶を味わいました。さらには年末、その苦水バラに砂糖を加え、半年間非加熱で熟成発酵させた「苦水バラ醤(ジャン)」や、オーガニックのドライフルーツ、ナッツ入りのお菓子をいただき、年の瀬から年明けにかけて玩味しました。

茶色のリボンの包みは「黒ばら」で、チョコレート味。白いリボンの包みは「白ばら」で、ホワイトチョコレート味。お菓子を作ったのは、横浜・青葉台駅にある喫茶「 橙灯」の菓子製造部門「小匙」。包み紙やリボンまで、なんと愛らしいこと!
「黒ばら」の包みを開けば、こんなふう
包みを開くと、ちょこんとバラの蕾で飾られた、端麗な佇まいの焼き菓子が。シュトレンのように薄くナイフを入れて、少しずつ時間をかけて食べ進めます。
少しずつ切り分けて味わいます
まったり濃厚な奥行きを舌と鼻で感じる最中、不意によぎる耽美なバラの香り。今日はサウスアベニューの中国茶、翌日はコーヒー、そのまた翌日はワインと合わせて......。日ごとパートナーを変えて堪能しました。
*こちらのお菓子は季節の限定販売です。常時、販売はしておりません。
「おやつの時間」をもっと読みたい>>

甲斐さんのおやつアーカイブをInstagramでチェック!
@mylohas_official フォローしてくださいね。