Jリーグ入りの可能性が伝えられたベルギー代表FWローラン・ドゥポワトル

写真拡大

 ポルトに在籍するベルギー代表FWローラン・ドゥポワトル(28)がJリーグ入りする可能性があるようだ。その場合はレンタル移籍になるという。ポルトガルメディア『フッチボウ365』が伝えている。

 ドゥポワトルは昨年8月にベルギーのゲントからポルトに完全移籍。2020年6月までの契約を結んだ。しかしポルトは今冬の移籍市場で、ブラジル人FWフランシスコ・ソアレスの獲得に迫っており、出場機会を求めるドゥポワトルの放出を検討しているという。

 しかし問題が一つある。1シーズンのうち同一カレンダーで動いている3つ以上のクラブに移籍することが出来ないという規定があるため、今季はすでに欧州クラブでプレーすることはできない。そのため、カレンダーが異なる、アジア圏のクラブへの移籍が検討されているのだ。

 同メディアは具体的なクラブは挙げていないものの、代理人がすでに日本のクラブとコンタクトととっているようだと報道。移籍が実現すれば、ドゥポワトルが望む出場機会が確保されるだろうと結んでいる。


●2017年Jリーグ移籍情報