幸せな結婚生活をつかみたい女子必見! 料理男子を選ぶべき理由

写真拡大

円満な家庭を築くために結婚相手の男性に求めるのは、経済力? それとも、顔? セックスの相性?

いいえ、実は、「料理ができること」だったんです!

幸せな結婚生活を送りたい女子が料理男子を選ぶべき理由をご説明します。

夫婦円満の鍵は夫の料理

ハウス食品が、2010年に20〜40代の既婚女性500人に実施した「夫婦関係と夫の料理に関するアンケート調査」によると、週に1回以上料理をする夫を持つ夫婦の円満度は、全体平均値の77.5点よりも6ポイント高い83.7点という結果になりました。

つまり、夫が料理を頻繁にしてくれる妻ほど、”私たち夫婦は円満だ”と感じているのです。

いったい、なぜなのでしょうか?

●夫に料理を作ってもらいたい?

また、東京ガスが50代・60代の既婚女性を対象に実施した「夫の料理と妻の意識に関するアンケート調査」では、妻の約60%が夫に料理をして欲しいと思っており、料理をしない夫に対しては不満をもっているということが判明。

さらに、自分の体調が悪いときや忙しいときに夫が料理を作ってくれると、嬉しかったり、思いやりや愛情を感じるなど、妻は夫に好意的な印象を持つということも明らかになりました。

普段から、自分の代わりに料理をして欲しいと思っているのではなく、たまに夫が自分のために料理をしてくれることで、いつもと違った高揚感を味わえたり、自分への愛情を確認することができるとして夫の手料理に期待しているのだそうです。

熟年離婚が多くなっていると言われている今、山あり谷ありの長い人生を一緒に過ごしていくためには、男性が料理をすることが夫婦の関係を円滑に過ごしていく方法といえるかもしれませんね。

筆者も、夫に料理を作ってもらえるように育てていこうと思います。

幸せな結婚の条件は料理男子を探すこと!

以上の結果を踏まえて考えると、結婚生活を幸せに暮らしていくためには、料理をする男性を選ぶことが必須といえそうですね。

料理男子・料理男子予備軍を見分けるポイント3つとして挙げられるのは、以下の3つ。

・一人暮らし歴がある
・食に対してめんどくさがらない
・好き嫌いが少ない

一人暮らし歴がある男性は、少なからず料理経験があるはず。

さらに、食べることを面倒くさがらない男性のほうが、作る意欲もあるでしょう。

これらのポイントが当てはまる男性は、料理を作ることに抵抗がないということの証拠。

きっと、今は料理をしてくれないとしても、将来的には料理を作ってくれる可能性が非常に高いことが考えられます。

弁当男子や自炊男子が増えている昨今、料理を作ることに全く興味がないという男性は少ないとは思いますが、料理を作らない男性は”料理を作る男性はポイント高いよ〜”とうまくおだてて、料理男子に育てていきたいですね。

Written by 楓