写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンク コマース&サービスは、オートデスクと連携し、新たな「眼鏡」の形や使用方法までを参加者と追求するイベント「眼鏡ハック 2017」を開催することを発表した。開催日時は、第1部が2月10日 19:00〜22:15(18:30開場)、第2部が2月11日 10:00〜21:00 (9:30開場)。第1部、第2部共に定員は20名。第1部・2部と通しで参加することが条件となる(2部のみ参加は不可)。

会場には、3D CAD/CAM/CAEツール「Autodesk Fusion 360」のほか、協賛企業のデバイス・ツール・マテリアル、各種ファブ装置を用意。IoTメガネ「雰囲気メガネ」を題材として、新たな形状から楽しみ方まで形にして行く参加共創型のイベントとなっている。

参加条件は、電子工作に興味があること(16歳以下の場合は保護者同伴での参加)。「特にエンジニアや、プログラマー、モデラー、デザイナーの方々歓迎」としている。開催場所はコワーキングスペース「MONO」(最寄り駅:テレコムセンター/東京テレポート)。参加費は無料(交通費や宿泊費は参加者の負担)。エントリーはイベント特設ページにて。

(杉浦志保)