北朝鮮の労働新聞は19日、署名入りの論評で金正恩体制が掲げる核開発と経済発展を同時に進める「並進路線」が勝利したと主張した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は「朝鮮が自衛的核抑止力強化と経済建設において成果を収めていることに対する賛辞の声が諸国のメディアと米国の朝鮮問題専門家の間で次々と響き出ている」としながら「朝鮮の並進路線が勝利し、米国の対朝鮮敵視政策が総破たんしたということは誰も否定できない」と主張した。

さらに、「われわれは、米国の核脅威・恐喝の度合いが強まるほど、制裁と封鎖策動が悪らつになるほど核抑止力強化のための自衛的措置を多発的に、連発的に講じた」と強調した。

そのうえで、「強力な核抑止力があるので、われわれは平和的環境の中で経済建設と人民の生活向上に力を入れることができたし、こんにちは心強く経済強国、文明強国の建設に向けて邁進している」と述べた。