『美女と野獣』のサウンドトラックの画像 twitterより

写真拡大

歌手のセリーヌ・ディオンが、現地時間19日にディズニー実写版『美女と野獣』(4月21日日本公開)の新曲をパフォーマンスすると発表した。

実写版『美女と野獣』は『ハリー・ポッター』シリーズの女優エマ・ワトソンが主演を務めることで注目されており、セリーヌがこの日ツイッターで、「私はディズニーの『美女と野獣』のために新曲『How Does A Moment Last Forever』をパフォーマンスすることを発表できて興奮しているわ」とツイートした。

セリーヌは1991年のディズニーアニメ版でピーボ・ブライソンと主題歌「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」をデュエットしていた。

セリーヌは表明文で「オリジナルの『美女と野獣』の一員になれたことは私の人生で魔法のような経験でした。再びこの映画の一員になれることは本当に光栄です」とコメントしている。

また、今作では、歌手のアリアナ・グランデとジョン・レジェンドが主題歌「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」をデュエットすると見られている。