【詳細】他の写真はこちら

標準レンズキットで100万円を切る価格設定。

がんばれば買える気がしてきた!





2017年1月19日、富士フイルムは、中判ミラーレスカメラ『FUJIFILM GFX 50S』を2月下旬に発売すると発表しました。価格はオープンプレイスとなりますが、標準レンズ『フジノンレンズGF63mm F2.8 R WR』(35mm判換算で50mm相当)が付属するレンズキットで、中判カメラとしては比較的安めの100万円を切る実勢価格になるそうです。



▲発表会の会場となったのは京都の二条城。



▲「『FUJIFILM GFX 50S』によって、撮像素子は35mmからより大きく、そして一眼レフからミラーレスへと、カメラの歴史が大きく変わることになる。大政奉還が行われ、日本の新しい歴史が始まったこの地で、カメラの歴史も大きな転換点になると確信している。」と、同社代表取締役会長 CEOの古森重隆氏は発表会場を二条城にした理由を語っていました。

『FUJIFILM GFX 50S』の最大の特徴は、撮像素子。フルサイズセンサー(36×24mm)の約1.7倍の大きさとなる43.8×32.9mm、いわゆる中判サイズの撮像素子を搭載している点。撮像素子は、同社が独自設計した有効5140万画素のCMOSセンサーとなっています。感度はISO100〜12800(拡張設定:ISO50、ISO25600〜102400)。



一般的に撮像素子が大きいほど写真のボケ味や解像感は高くなると言われているので、階調再現性や高感度性能に相当な期待が持てます。中判カメラと言えば、カメラ好きの人にとっては憧れの存在ですよね。



▲より多くの光を得るために中判センサーを採用したとのこと。ちなみに富士フイルムの製品群にフルサイズセンサー搭載機はない。

画像処理エンジンには、『FUJIFILM X-Pro2』や『FUJIFILM X-T2』に搭載されている「X Processor Pro」を採用。「X」シリーズで好評の独自色再現機能「フィルムシミュレーション」も利用可能だそうです。



対応するレンズは、新規に設計された「フジノンGFレンズ」シリーズ。フランジバックが26.7mmと短く、マウント径が65mmと大口径な「Gマウント」を採用しています。将来的に1億画素超のセンサー搭載機が登場しても対応できる光学設計になっているとのこと。



▲オプションには大判レンズが使用可能なビューカメラアダプターも用意されています。

中判カメラに多いレンズシャッターではなく、フォーカルプレーンシャッターを採用しているのもポイントです。レンズシャッターは文字通り、レンズにシャッターが組み込まれているもので、コンデジなどによく採用されています。一方、フォーカルプレーンシャッターは、撮像素子の前面にシャッターが組み込まれているもの。レンズシャッターよりも、高速なシャッター速度を実現できるのが特徴です。『FUJIFILM GFX 50S』では最高1/4000秒。オートフォーカスは9×13の計117点の測距点を持つコントラストAFで、被写界深度の浅い中判サイズセンサーでのピント精度を飛躍的に向上させているとのこと。AF位置を直感的に操作できると「X」シリーズで好評の「フォーカスレバー」も搭載しています。



EVFは369万ドットの有機EL。35mm判換算でファインダー倍率0.85倍相当です。着脱が可能で、別売のEVFチルトアダプターを使えば角度調整もできるように。背面モニタは3.2型236万ドットのタッチ対応。3方向のチルトが可能です。本体上部に1.28型のサブモニターを備えており、こちらは電源をオフにしても表示がそのまま残り、設定が把握できるようになっています。記録メディアはSDXC/SDHC/SDカード(UHS-II対応)。



▲シャッター速度やISO感度の設定は、「X-Pro2」などでおなじみのダイヤル式。フィルムカメラっぽいこの感じが富士フイルムの良さでもありますよね。

ボディサイズはW147.5×H94.2×D91.4mm。ミラーレスとしては大柄ですが、フルサイズの一眼レフ同等かそれ以下なので、中判カメラとしてはとても小さい部類に入るでしょう。重量は、本体のみで約740g、バッテリーと記録メディア込みで約825g、EVFを加えて約920g。1kgを切るこの重量は、従来の中判カメラより約4割軽く、フルサイズの一眼レフに比べても軽いんですって。



なお、ボディと同時発表されたレンズは3本。35mm判換算で50mm相当の『フジノンレンズGF63mm F2.8 R WR』(価格:19万5000円)、35mm判換算で25〜51mm相当のズームレンズ『フジノンレンズGF32-64mm F4 R LM WR』(価格:29万9500円)、35mm判換算で95mm相当のマクロレンズ『フジノンレンズGF120mm F4 R LM OIS WR Macro』(価格:34万9500円)が2月下旬発売予定となっています。2017年後半にはさらに3本が発表予定だそうです。



最近ではフルサイズセンサー搭載機も選択肢が増えてきましたが、中判カメラとなるとかなり数が少なく、実勢価格が100万円以下となると、2014年にリコーから発売された一眼レフ『PENTAX 645Z』くらいしか存在しませんでした。そんなわけで『FUJIFILM GFX 50S』は、数少ない中判カメラの中でも(がんばれば)購入できる(かもしれない)製品というわけです。清水の舞台から飛び降りるつもりで……。

今週末には京都でイベントを開催!

『FUJIFILM GFX 50S』を体験するチャンスがあるかも!?



ちなみに今週末の1月21日、22日には、京都で「X」シリーズのイベント「FUJIKINA 2017 京都」が開催されます。



本イベントでは京都市内に点在する3つのギャラリーでそれぞれ「大フォーマットの世界」、「センターファインダースタイルの世界」、「レンジファインダースタイルの世界」と題した写真展示のほか、最新機種を体験できるタッチアンドトライ、Xシリーズを愛用する国内外著名写真家によるトークショーやスタジオデモなどが行われるとのこと。

そのほか、「X」シリーズの無料レンタルだったり、「X」シリーズユーザー向けの無料クイックメンテナンスサービスだったりも用意されるそうです。

ギャラリーは以下の3か所で、開場時間はいずれも1月21日が10:00〜18:00、22日が10:00〜17:00。

■しまだいギャラリー(京都府京都市中京区御池通東洞院西北角)

「大フォーマットの世界」

■ASPHODEL(京都府京都市東山区八坂新地末吉町99-1)

「センターファインダースタイルの世界」

■ギャラリー祥(京都府京都市東山区清水3-323)

「レンジファインダースタイルの世界」

『FUJIFILM GFX 50S』のタッチアンドトライができると明言されてはいませんが、“最新機種”“大フォーマットの世界”と銘打って、用意されていないわけがないでしょう。『FUJIFILM GFX 50S』が気になる! という方は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。冬の京都もなかなか風情があるので、写真を撮りながら散策するのも良いかもしれませんよ。

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト



富士フイルム公式サイト

『FUJIFILM GFX 50S』製品紹介ページ

「FUJIKINA 2017 京都」特設サイト

関連記事



これぞ“撮りたくなる”カメラ。3年ぶりの新モデル「X-Pro2」がスゴい!

【レビュー】AF高速化でスキのない進化! 富士フイルムのミラーレス『X-T2』