写真提供:マイナビニュース

写真拡大

FFRIは1月19日、「FFRI yarai」シリーズの最新版「Version 2.8」の提供を開始した。また、製品名を従来の「FFR yarai」から「FFRI yarai」に変更し、社名と統一した。

FFRI yaraiは、従来のセキュリティ対策で用いられているシグネチャやパターンファイルなどに依存せず、標的型攻撃で利用される攻撃の特徴を複数のプログレッシブ・ヒューリスティック技術により、さまざまな角度から分析し、未知の脅威に対して高い精度で攻撃を検知・防御するセキュリティ製品。

FFRIでは、昨今猛威を奮っているランサムウェアを含む、これまでに FFRI yarai が防御した攻撃・マルウェアを公開し続けてきたが、巧妙化・悪質化しているランサムウェアの感染被害が昨年から国内外で多数報告され続けている状況をみて、今回のバージョンアップではDLL型ランサムウェア対策やマクロ・スクリプト対策など各エンジンのランサムウェア対策をさらに強化した。

(山本明日美)