写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アライドテレシスは1月19日、同社のSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、ソリトンシステムズのサイバー攻撃、マルウェア対策ソフトウェア「Zerona/Zerona PLUS」が連携すると発表した。

アライドテレシスの「SES」は、SDN/OpenFlow技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、およびセキュリティ強化を実現するソリューション。

また、ソリトンシステムズのZerona/Zerona PLUSは、高度な標的型サイバー攻撃にも対応可能な、マルウェア対策ソフトウェア。プログラムの脆弱性を突いた、コード実行型攻撃(Exploit)の防御ができるほか、従来のウイルス対策製品では検知できないマルウェアも、各種の振る舞い型検知技術などを用いて検知・ブロックする。

今回、ジュピターテクノロジーが提供するSolarWinds製Kiwi Syslog Server、とAdiscon製WinSyslogの転送機能により連携する。

今回のSESとZerona/Zerona PLUSとの連携により、Sandbox型脅威対策などをすり抜けるマルウェアをエンドポイントで検知し、当該端末の通信をエッジスイッチにて遮断/隔離して、「被害の極小化」と「状況確認可能な環境維持」の両方を実現する脅威対策ソリューションを提供するとしている。

同連携ソリューションの提供開始は、2017年2月を予定している。

(山本明日美)