アイデアマン! - ジャンカルロ・エスポジート
 - Peter Kramer / NBC / NBC NewsWire via Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「ブレイキング・バッド」でグスタボ・“ガス”・フリングを演じたジャンカルロ・エスポジートが、スピンオフ「ベター・コール・ソウル」の第3シーズンに出演することがテレビ批評家協会(TCA)のプレスツアーで発表された。

 第2シーズンのフィナーレでガス・フリングの再登場がにおわされたが、先日ドラマ内の架空のフライドチキン店“ロス・ポジョス・エルマノス”のテレビコマーシャルがニューメキシコ州のアルバカーキーで深夜に流され、ガスが出ていたこともあり、戻ってくるのではとの期待がさらに高まっていた。

 The Hollywood Reporter などによると、今回のプレスツアーでは店長ガス・フリングの格好をしたジャンカルロが記者たちにフライドチキンを配り、その後「ベター・コール・ソウル」のキャストと共に会見を行ったとのこと。出演エピソード数などは明らかにされなかったが、戻ってくるのは確かだという。

 “ロス・ポジョス・エルマノス”のコマーシャルの撮影は「ブレイキング・バッド」の時と同じ店で行われたそうだが、ドラマファンのツアーが出入りしていたため、隠れて撮影されたそう。そもそも、コマーシャルでカムバックを示唆したらどうかというアイデアを出したのはジャンカルロだったという。

 「ベター・コール・ソウル」の第3シーズンはアメリカで4月10日から放送が始まる。(澤田理沙)