写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○気楽だけどしっかりタスク管理できるアプリが欲しい!

ビジネスもプライベートもあわせてやるべきことをリスト化できるタスク管理ツールは着実に作業をこなすための助けになるが、その管理そのものが面倒になってしまって続かないという人もいるだろう。また、リスト化はしたものの計画通りには事が進まず、理想を描いたリストとうまく進んでいない現実の二重管理状態になってしまっていることがあるかもしれない。

手軽な操作で億劫さを感じずにきちんとタスク管理できる機能を持ちながら、「明日でいいや」と先延ばしすることも簡単にできてしまうタスク管理アプリが「明日から本気だす -やるべきタスクをゆるーく管理 -」だ。機能的にも画面構成的にも気楽に取り組める一方、ある程度のところで尻を叩いてもくれる。普通のタスク管理ツールでは続かない人も、ぜひチャレンジしてみよう。

○細かい期限を決めないゆるっとタスク登録

アプリにはあらかじめ、いくつかのタスクが登録されていて、それぞれを開くと簡単な使い方ガイドになっている。一通りチェックしたら消してしまおう。

実際のタスク登録は、アプリ上部のフォームに件名を入力し、フォーム右の「+」をタップするだけで完了する。登録時には「タスク登録完了!」と大きく表示されるが、簡単なイラストと手描きフォントがほどよい「ゆるっと」気分を演出してくれる。

登録時は件名以外の設定ができず、とりあえず「今日こそやる」リストに追加される。追加設定はリストから件名をタップした画面で行おう。一般的なタスク管理アプリでは日付や時間といった詳細な期限を指定するものが多いが、このアプリでは今日か明日か、それより先の「いつか」かという指定しかできない。非常におおざっぱな指定ではあるが、それが気軽でよい。

必要な情報は「Memo」欄に入力しよう。電話番号はきちんと認識され、タップすれば電話をしたり、連絡先に登録したりといったメニューも表示される。登録したタスクはすべて「今日こそやる」にリストとして積み上がるが、登録日の情報などは表示されるからある程度の管理は可能だ。

○「終わった」、「明日やる」の簡単管理

タスクが完了した時には、リストからタップした画面で「終わった!」を選べばよい。「タスクの完了!」という画面で、大げさに「やりとげた!」と褒めてもらえる。完了したタスクは自動的に「終わった」リストへ移動される。

一方、今日やる必要がないというものは「明日やる」、または「いつかやる」で日延べでき、それぞれのタブに分類される。新規登録直後に日延べ設定をしただけならば「0日先延ばし中」と表示されるだけだが、毎日「明日やる」を選択していると「●日先延ばし中」と登録当初のやるつもりだった日からどれくらい延ばしているのかがわかるようになっている。

○日延べを繰り返したタスクには実行を促す尻叩き機能つき

2日以上日延べしたタスクがあると、アプリ起動時に「そろそろ本気出す!」という画面が表示されることがある。いきなり「今日中に終わらせてやんよ!」と意気込んだ言葉が表示されるが、もちろんユーザーの決断次第でさらに日延べすることも可能だ。しかし、明日でいいかとついつい日延べしていたけれどそろそろやらなくては、と動き出すきっかけにもなってくれる機能でもある。「明日やる」リストにあったタスクを「今日やる」で移動させる時にもこの画面は表示される

またタスク登録時や完了時に加えて、この「そろそろ本気出す!」画面でも「シェア」というボタンが表示される。これをタップするとメールやSNSを利用してタスクについてのコメントを発信可能だ。自分だけではつい先延ばしにしがちな人は、SNSなどを利用してほどよく見張ってもらっている気分を作れば少しはやる気を出すこともできそうだ。

ウィジェット登録にも対応している。ウィジェットでも手書きフォントは採用されており「今日こそやる」リストだけが表示される。あまりプレッシャーのないタスク管理だけに、細かなことは面倒だったり、自分で立てた予定に追い立てられるのが嫌いだったりする人でも比較的チャレンジしやすいのが特徴だ。

利用料金:無料

制作者:forYou inc.

明日から本気だす -やるべきタスクをゆるーく管理 -

(エースラッシュ)