出典:(c)TBS

金曜よる10時放送の、『下剋上受験』。今夜放送、第2話のみどころ&あらすじを、たっぷりお届けします。

 

■みどころ


出典:(c)TBS

原作は2014年に産經新聞出版から刊行された桜井信一の同名タイトル本。著書は中卒の父と偏差値41の娘が最難関中学を目指した実話です。

この実話をもとに、小5の夏から中学受験に挑むまでの約1年半にわたる家族の奮闘を描く物語の第2話。

信一は娘の佳織と一緒に最難関中学合格を目指すことを決めるが、小学生レベルの計算問題すら解けずに悪戦苦闘。そんな中、佳織のクラスにトクガワ開発社長・徳川直康の一人娘・麻里亜が転校してきます。

隣の席になった麻里亜に佳織は早速話しかけるが、中学受験のためだけに転校してきたという彼女にライバル視されてしまうことに。また、麻里亜の父の直康が信一の旧友だということが判り……。

 

■あらすじ


出典:(c)TBS

小学5年生の娘・佳織(山田美紅羽さん)を学習塾には通わせず、一緒に勉強して最難関中学合格を目指すことを決めた桜井信一(阿部サダヲさん)は、書店で参考書や学習ドリルを大量に購入します。

そんな計画性の無い信一に、ギリギリで家計をやり繰りする妻の香夏子(深田恭子さん)はご立腹。

香夏子から無駄遣いだと言われ発奮した信一は、佳織との計算テスト対決に挑むが、一問も解けずに意気消沈してしまいます。

そんなある日、佳織のクラスにトクガワ開発社長・徳川直康(要潤さん)の一人娘・麻里亜(篠川桃音さん)が転校してきました。

佳織は中学受験のためにわざわざお嬢様学校から転校してきたという麻里亜に興味を持つが、そのハイレベルな成績に驚きます。そして、佳織が自分の成績に見栄を張ったことから麻里亜にライバル視されてしまうことに。

数日後、香夏子が参考書の山を返品すると言い始めた。香夏子は信一が本当に佳織の事を思っているのか不安なのです。

危機感を抱いた信一は職場の後輩であり中学受験の経験者でもある楢崎哲也(風間俊介さん)を巻き込んで勉強に励むが全く解けません。

途方に暮れる信一を見た楢崎は、佳織に学習塾の体験授業を受けさせることを勧めます。一方、信一の父・一夫(小林薫さん)は自宅に戻ると骨折した足のギプスを自ら切断。リハビリだと言いながら勉強に励む信一と佳織のためにある物を作り始めたのです。

佳織の受験自体に反対する香夏子を説得し、信一は学習塾の体験授業を受けることに。するとそこに徳川父娘の姿が。麻里亜も同じ授業を受けに来ていたのです。

麻里亜は佳織を無視して教室に入ります。その時、信一は麻里亜の父の直康が同級生だということに驚きます。

小学生時代は友達だった二人ですが、いつの間にか大きな差が生まれていたのです……。信一のモヤモヤした気持ちが晴れぬまま、娘たちの体験授業が始まります。






金曜ドラマ『下剋上受験』、第2話は今夜10時から放送です。お見逃しなく!

【関連記事】

※ 水曜ドラマ「レンタルの恋」第1話の見どころは?

※ 満島ひかり、高橋一生は「女心がわかっている!」と大絶賛

※ Hey!Say!JUMP中島裕翔、サプライズ演出に男泣き「号泣していた」

※ 綾瀬はるか、マイク忘れる天然「初笑い」も新成人にエール

※ 仲間由紀恵、ロングレッドドレスで新年の抱負