「カンパイ!」の第2弾の製作が始動

写真拡大

 日本酒業界のアウトサイダーたちを描いた小西未来監督のドキュメンタリー映画「カンパイ!世界が恋する日本酒」の第2弾となる「カンパイ2(仮題)」の企画がオープンとなり、一般から資金調達を募るクラウドファンディングのプラットフォームMotionGalleryで製作支援金の募集がスタートした。

 前作「カンパイ!」は2015年、スペインのサン・セバスチャン国際映画祭に招待され、同年10月に第28回東京国際映画祭でアジアプレミア、その後もハワイ国際映画祭、ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭など世界各地の映画祭で上映された。日本では昨年7月9日より公開され、全国約30館で順次上映し好評を得た。海外でも13カ国で上映・配信されており、2月2日にはDVDが国内で発売される。

 第2弾では、日本酒業界で活躍する前作とは別のプロフェッショナルたちを紹介する予定。今回のクラウドファンディングでは、プロジェクトのスタート時に映画に登場する日本酒のプロフェッショナルの名前をすべて伏せており、集まった金額ごとに、1人ずつ名前とプロフィールを公開していくとしている。製作に必要な総予算は1200万円だが、目標金額はその約半分の675万円に設定(http://eiga.com/official/motion-gallery/)。支援金額に応じた各種特典を用意している。

 小西監督は「企画を立ち上げたのは、日本酒という題材の宝庫と1作品だけで訣別するのはあまりにもったいないと思ったことに加えて、僭越ながら日本酒業界への恩返しをさせてもらいたいと考えたから。映画というパワフルな媒体を通じて、日本酒の魅力を伝えたい」と抱負を語る。完成は2017年秋を予定。