今日会えてよかった〜!「かわいいな」と思う女性のデート中の言動

写真拡大



カップルはもちろん、「これから彼と付き合うかもしれない…」という人にとってみてもデートってとても貴重なもの。たった1回のデートでも彼の心を鷲づかみにすることができれば、ふたりの距離はもっと縮まるはずです。そこで今回は「『かわいいな』と思う女性のデート中の言動」について男性にリサーチしてみました。

■1.とにかく嬉しそう

「久しぶりのデートだったんだけど、彼女が『やっと○○君に会えて嬉しい〜!』とすごい喜んでくれたんです。もうかわいすぎてどうしようかと思いました(笑)」(25歳/食品)

「はじめてデートした同じサークルの子が、めっちゃ嬉しそうにニコニコぴょんぴょんしていた(笑)。そこまで嬉しそうにされたら、こっちまで笑顔になっちゃいますよね。」(20歳/大学生)

あまのじゃくだからといってツンデレな態度を取っていても、たいていの場合「なんでこんなに不機嫌なんだろう…」と彼に思われて終わりです。せっかく彼がデートの時間を設けてくれたのですから、ここはハッピーオーラ全開でいるべき!そのほうが「また次も会いたいな」と思ってもらえるはずですよ。

■2.目が合って恥ずかしそう

「デート中、なかなかこっちを見ない彼女。『どうしたの?』と言って顔を覗き込んだら『恥ずかしいからこっち見ないで…』だって!俺のハートにズキュンときました(笑)」(26歳/広告)

男性はオトコ慣れしている女性より、ちょっとウブな子が好きなもの。小悪魔っぽい上目遣いももちろんモテますが、そういう女性は遊び要員としてキープされてしまう場合も多いんです。彼の本命になりたいのであれば、少しだけ恥ずかしそうにしてみるのが効果的。彼も一気にドキドキして、あなたのことのトリコになっちゃうはずですよ。

■3.率先して動く

「飲食店でおしぼりを渡してくれたり、会計のときに自分からお財布を出してくれる子っていいよね。俺のこと本当に好きでいてくれるんだなって愛おしい気持ちになります。」(22歳/大学生)

「デート中は男性が動いて当たり前!」なんて思っている女性もいるはず。たしかに男性が自分をエスコートしてくれたら悪い気はしませんよね。でも彼だって自分だけじゃなく、たまには彼女から愛情を示してほしいと感じているもの。かいがいしく動くあなたの姿に、かわいらしさや愛おしさを感じてくれるはずですよ。

■4.寂しそうに「バイバイ」

「デートの別れ際に彼女が寂しそうに『バイバイ…』と手を振っていた。その瞬間『はやく同棲したいなぁ〜』って思いましたね。」(21歳/大学生)

彼の印象に強く残りたいのであれば、別れ際まで気は抜けません!最後はちょっと名残惜しそうに「バイバイ」と手を振ってみましょう。そのときに「まだ帰りたくない〜!」「もうちょっと一緒にいようよぉ〜」などとダダをこねるのはダメ。寂しい雰囲気を醸すからこそ、かわいらしさが残るものですよ。

■おわりに

デート中に「かわいいな」と思ってもらうためには、まずは相手を不愉快にさせないことが何よりも大切!その上でちょっとだけいじらしいキュンキュン言動を彼に仕掛けてみましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)(古泉千里/モデル)(小南光司/モデル)

(泉三郎/カメラマン)