45年前にユリ・ゲラーの超能力を実験していたCIAが、その結果を公開

写真拡大

CIA(米国中央情報局)は、1月17日、これまで極秘扱いだった大量の資料をオンラインで一般公開した。海外ニュースメディアによれば、その中に、超能力者として世界的に知られたユリ・ゲラー氏の、テレパス能力を試した実験結果があるとのこと。

ゲラー氏は70年代後半に、スプーン曲げで日本でも有名になったが、彼の超能力を「インチキだ」という人も多い。

1973年スタンフォードで行なわれた実験

CIAの実験は、1973年に、米国カリフォルニア州スタンフォードで8日間にわたって行なわれた。

CIAの要請を受けた科学者たちは、ゲラー氏を窓のない密室に入れ、その隣の部屋にCIA局員を入れた。

次に、辞書からランダムに単語を選び、CIA局員にその言葉から思い浮かぶ絵を自由に描かせた。それが終わると、科学者は隣部屋に居たゲラー氏に、CIA局員が描いた絵が何かを尋ねた。

騒音が出るシリンダー状のもの

最初の実験でCIA局員に与えられた単語は「fuse(ヒューズ/導火線、あるいは電気器具のヒューズ」だった。それから連想してCIA局員が描いた絵が下のもの。右下に「爆竹(fire cracker)」という文字が書かれている。

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

これを見ていないゲラー氏は、尋ねられるとすぐに「騒音が出るシリンダー状のものが見える」と答えた。そして、次の2枚の絵を描いた。

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

騒音を出すシリンダー状のものとして、ドラムが描かれている。

CIA局員がぶどうを描いた時には、ゲラー氏は「絵から水が滴っている」と言い、「紫の円がいくつも見える」と言った。下の絵の1つ目が局員が描いたもの、2つ目がゲラー氏のものだ。ぶどうの粒の数(24個)も一致している。

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

45m離れた部屋でも実験

同様の実験は、隣接した部屋でだけでなく、CIA局員とゲラー氏が45m離れた別室に入った状態でも行なわれた。この時CIA局員が「凧(たこ)」の絵(下のもの)を描くと……

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

ゲラー氏は非常によく似た図形を描いた。

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

また、「鳥」や「ラクダ」の絵に対して、ゲラー氏は「カモメ」と「馬」の絵を描いている。(それぞれ上がCIA局員のもの。下がゲラー氏のもの)

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY

こうした8日間にわたる実験でCIAは、「ゲラー氏は超常的な認識能力を、明確な、説得力のある形で示した」と結論づけている。