もしも思い出の服が、使える新アイテムに生まれ変わったなら...

写真拡大 (全8枚)

お気に入りの服や、ユニフォームといった思い出の服は捨てにくいものです。そんなときは新しいプロダクトとして生まれ変わらせ、そばに置いておくのもひとつの手かもしれません。
思い出の服を新しいアイテムに

捨てられない思い出を再利用する―。その方法として、背表紙に刻印ができる「アルバム」にしたり、日本樫を使用した「日傘」にしたり、イニシャルが刺繍できる「ドッグウェア」にしたり......。そんな使えるアイテムに生まれ変わらせてくれるのが、古着リサイクル『LOOP CARE(ループケア)』です。
経済産業省の資料によると、日本国内では年間約100万トンもの衣料が廃棄されるそう。そこで古着の再販や装飾を加える従来の再利用とは異なり、お客からの持ち込み衣料を、日々を共に過ごすプロダクトへ生まれ変わらせる「古着リサイクル」の新ビジネスとして立ち上げたのが、このサービスなのだとか。
クリーニング感覚でリメイクを楽しむ

今のところ選択肢は3アイテムのみですが、今後はシェルフ、カードケース、バッグなどを順次展開予定なのだそう。
再販したり、再利用したり、廃棄したり......。今では古着の行方もさまざまですが、青春時代に愛用していたユニフォームでアルバムを作り、そのときの思い出の写真を保存するのも素敵だなと思います。小さくなった子ども服を犬服にリメイクするのも良さそう! 子どもも犬も喜ぶ様子が思い浮かびます。
そのままタンスに置きっぱなしにしたくない! そんな大切な思い出をクリーニングに出すように気軽にリメイクできる「LOOP CARE」。送料・消費税・1回分の修繕費込みで、7,500円から利用可能です。

[LOOP CARE]