18日、俳優アンディ・ラウが落馬事故で大ケガを負ったと報じられたが、これまでに数々の芸能人が同じく痛い経験をしている。写真はリン・チーリン。

写真拡大

2017年1月18日、俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が落馬事故で大ケガを負ったと報じられたが、これまでに数々の芸能人が同じく痛い経験をしている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

18日、香港の俳優アンディ・ラウが落馬し、重傷を負ったとのショッキングなニュースが世間を驚かせた。香港メディアによるとアンディ・ラウは17日、タイ・バンコク郊外でCM撮影中に落馬し、病院へ搬送された。18日には急きょ香港へ戻り、所属事務所では「骨盤にひびが入った」と発表している。

落馬事故と言えば、最もよく知られているのが台湾の女優リン・チーリン(林志玲)だ。2005年7月、中国・大連市でCM撮影中に落馬し、肋骨6本を折る大ケガを負った。現地で応急処置を受けたのち、台湾大学病院に搬送され、長期間にわたって入院している。

ドラマ「蘭陵王」で知られる中国の俳優ウィリアム・フォン(馮紹峰)は2014年、映画「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」の撮影中、落馬事故に遭った。三蔵法師を演じていたが、落馬した時には重い衣装と小道具、さらに馬の体重も合わせて550キロが体にのしかかったことで大腿骨を骨折。治療期間は2カ月とされたが、約半月で撮影に復帰し、プロ意識の高さを称賛された。

世界的に有名なのが、「スーパーマン」を演じた米俳優クリストファー・リーヴの落馬事故だ。1995年に落馬したことで脊髄を損傷し、首から下が麻痺状態となった。その後、身体の麻痺で苦しむ人たちのために、「麻痺資源センター」を設立するなど、奉仕活動を続けた。(翻訳・編集/Mathilda)