浜辺美波

写真拡大

ネクストブレイク候補の美少女が出演する映画『咲-Saki-』の完成披露上映会が1月18日にTOHOシネマズ 日本橋で行われ、主演の浜辺美波をはじめ、浅川梨奈、廣田あいか、古畑星夏、山田杏奈、岡本夏美、あの、永尾まりや、佐野ひなこ、小沼雄一監督が登壇した。

この記事(『咲-Saki-』完成披露上映会)のその他の写真

本作は雑誌「ヤングガンガン」で連載中の人気麻雀コミックの実写映画化。宮永咲(浜辺)たち清澄高校麻雀部のメンバーが、全国高校生麻雀大会に挑む姿を描いていく。

この日は主演で『君の膵臓をたべたい』などの浜辺をはじめ、“1000年に一度の童顔巨乳”の異名を持つSUPER☆GiRLSの浅川、テレビドラマ『デスノート』の佐野など、話題の若手女優が勢ぞろい。MCを浅川がつとめたほか、客席のファンが撮影できるフォトセッションタイム、登壇者が麻雀パイの入ったガチャガチャボールを客席に投げるプレゼントコーナーなど、盛りだくさんの内容でファンを喜ばせた。

イベントの冒頭ではテレビドラマ版から主演をつとめた浜辺が挨拶を行い、「(テレビドラマで)初主演をつとめさせていただいて、座長ということでどうしようかと思ったけど、清澄のメンバーをはじめキャストやスタッフのみなさんが支えてくださったからこそ、撮影を終えることができて、この日を迎えることができたのでみんなに感謝しています」と感無量の表情。

トークでは撮影エピソードを中心に盛り上がり、そんな浜辺について古畑が「こんなにかわいくてマシュマロちゃんみたいなんですけど、食事中は絶対に飲み物がコーラでびっくりしました。ぱっと見オレンジなっちゃんという感じでこんなかわいいいのに、ギャップがあるんだと思って」と意外な一面を明かした。

また、あのが「きれいな景色の…」で言葉を止めると、共演シーンの多かった岡本が「2人できれいな光が差し込んでいる土手で撮影させてもらって、そこがすごくきれいだったってことでよろしいですかね?」と代弁して会場を笑いに包む場面も。

永尾は撮影が夏だっただけに「虫がすごくいて、撮影中にクワガタが落ちてきてびっくりして、『クワガタ!』って言っちゃった」と振り返り、撮影が2日ほどだったという教師役の佐野は「それもみなさんがクランクアップする日にかぶせていただいて、みなさんが仲良くなっている中に私が入ってビンタをするという」と緊張の一コマを振り返った。

イベントの最後には浜辺が締めの挨拶を行い、ファンへ感謝の気持ちとともに「これが終わってもみんなで仲良くエゴサーチをしているので、Twitterとかで感想をつぶやいてくれたらみんなで拝見してます」と茶目っ気たぷりに語りかけていた。

『咲-Saki-』は2月3日よりTOHOシネマズ 日本橋ほかにて全国公開となる。