<SMBCシンガポールオープン 初日◇19日◇セントーサGC(7,398ヤード・パー71)>
国内男子ツアー開幕戦、アジアツアーとの共同主管で行われる「SMBCシンガポールオープン」の初日。2017年の開幕戦は雷雲の接近のため約2時間半の中断を余儀なくされ、現地時間19時15分に日没サスペンデッドが決定。午後組のほとんどの選手はホールアウトがかなわず、2日目にプレーは持ち越しとなった。

6アンダー暫定首位タイに谷原秀人、小平智、カン・キョンナム(韓国)、1打差暫定4位タイにハン・スンス(米国)、カイル・ガビン・グリーン(フィリピン)、パビット・タンカモルプラサート(タイ)がつけている。
唯一の大会連覇を果たしているアダム・スコット(オーストラリア)と昨年覇者のソン・ヨンハン(韓国)は3ホールを残し1アンダー暫定38位タイグループ、世界ランク15位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)はイーブンパー暫定56位タイ、米ツアー19勝を誇るアーニー・エルス(南アフリカ)は2ホールを残し2オーバー暫定108位タイとしている。
【初日の暫定順位】
1位T:谷原秀人(-6)
1位T:小平智(-6)
1位T:カン・キョンナム(-6)
4位T:ハン・スンス(-5)
4位T:カイル・ガビン・グリーン(-5)
4位T:パビット・タンカモルプラサート(-5)
7位T:竹安俊也(-4)※
7位T:パチャラ・コンワットマイ(-4)※
7位T:パヌポール・ピッタヤラット(-4)※
38位T:アダム・スコット(-1)※
38位T:ソン・ヨンハン(-1)他※
56位T:セルヒオ・ガルシア(E)他
108位T:アーニー・エルス(+2)他※
※は未ホールアウト
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ヨネックス展示会レポ1】「Royal EZONE」は空気を抜いて、ぶっ飛びに?