友達以上恋人未満の彼をドキドキさせる魔法のセリフ

写真拡大



こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。男友達と話をしていて、ドキッとさせられる言葉を言われたことはありませんか?今回は、女性から男性に向けたドキッとさせられる魔法のセリフを紹介します。

■1.「また○○できる?」

「会社の忘年会の景品を同期の女の子と買いに行った帰り際、『また、こんな風にふたりで遊べるかな?』って言われて、ドキドキした」(20代/メーカー)

こんな可愛い言い方なら、男性側に思わず「もちろん!」って言わせることができるのではないでしょうか。○○には、『デート』や『電話』など様々な単語を入れて使うことができます。ふたりで特別な時間を過ごせたなと思ったときには、会話の終わりにぜひ付け足してみては?同意を求めるのも良いですが、独り言のようにつぶやく感じでもドキッとさせられるそうですよ。

■2.「好きになっちゃう」

「落ち込んでたから飲み誘ったときに、『そんなことされたら好きになっちゃうよ!』って言われて、好きになっちゃえよって思ったことがある(笑)」(20代/学生)

ちょっとハードルが高いようなセリフにも感じますが、冗談っぽく言えばそこまで重くはなりません。意見にもあるように、「好きになっちゃえよ」なんて言葉が返ってきたら大成功!なかなか関係が進まない彼に言ってみたら、すぐに彼の気持ちが聞けちゃうかも?

■3.「お願い、付き合って!」

「そういう付き合うじゃないとはわかってたけど、可愛い女の子に言われてドキッとしたことがある」(20代/教育)

「お茶付き合って!」「買い出し付き合って!」と声をかけるときに、わざと説明を省いて「付き合って!」とだけ言うというテクニック。あざとい技ですが、ドキッとさせるために言っているとは感じないらしいので、機会があればすぐに使ってみましょう!ただ、鈍感な男子には全く通用しないという声も…。効果のほどは人によりけりですが、まずは一度試してみると良いかもしれません。

■4.「イルミネーション(夜景)見たいなー」

「遊園地とか旅行とかなら、みんなで行きたいねって意味だと受け取るけど、『イルミネーション見に行きたくない?』って言われるとデートに誘われてるのかなって思ってドキッとする」(10代/飲食)

確かに友達何人かでイルミネーションを見に行くって感覚あまりないですよね。この時期ならではのドキッとさせられるセリフなので、ぜひ使ってみては?もちろん、ドキッとさせられるだけじゃなく、自然とデートに持ち込めるという特権付き。良い雰囲気になれたら、デート終わりには最初に紹介した「またデートできる?」でトドメを!

■おわりに

女友達としか思われてないだろうな…という友達以上恋人未満の彼に使って、あなたのことを意識させちゃいましょう!多用厳禁、ここぞというときにだけ使ってみてくださいね。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)