これが本当のコンピュータ・ミュージック?

いつの時代も我々を楽しませてくれる音楽。クリエイターであるミュージシャンたちは、流行や時代背景などさまざまな要素を考慮して楽曲を作りますが、それでも、大ヒット曲を生み出すのは容易なことではありません。

そんな音楽という芸術の世界にも、ついに人工知能が進出してきたようです。2011年にグラミー賞も受賞した音楽プロデューサーAlex Da KidとIBMの人工知能Watsonによる新しい作曲方法をIBMのWebメディアMugendai(無限大)が紹介しています。

まずAlexが利用したのはWatsonの「Alchemy Language」というテキスト解析用の自然言語処理API。これにより、過去5年間の雑誌の表紙や人気映画のあらすじ、さらには裁判所の判決までを分析し、楽曲のテーマを決めたそう。

その後、「ビルボード」に掲載された2万6000におよぶヒット曲の歌詞を「Tone Analyzer」で解析。こちらも言語処理APIの1つで、書かれたテキストのトーンを、感情的である、社会的であるなどと判断するものです。

さらには「Cognitive Color Design Tool」を使ってアルバムデザインのヒントを掴み、流行に合った音階やコード進行などを抽出したのだそう。まさにビッグデータなくしては実現できない方法です。

現時点では、作曲するのはあくまで人間で、人工知能はその補助役に過ぎませんが、そのうち「作詞・作曲:人工知能」なんて時代が来るのかもしれませんね。


source: Mugendai(無限大)

(渡邊徹則)