長い下積みを経て、1つの時代を作り上げた2人が、知られざる思いを明かす/(C)NHK

写真拡大

NHK Eテレで放送している「ミュージック・ポートレイト」(毎週木曜夜10:00-10:45)に、久本雅美とつんく♂が登場。2月2日(木)と2月9日(木)の2週にわたって対談の模様を送る。

【写真を見る】著名人2人が、それぞれ人生で大切な10曲を持ち寄り、対談が行われる同番組。つんく♂と久本雅美の対談は2週にわたりオンエア/(C)NHK

同番組では2人の著名人が、それぞれ人生の節目で心に響いた“大切な音楽10曲”をテーマに語り合い、全く違う道のりを歩いてきた2つの人生が、音楽を通して響き合う。

2月2日(木)の放送では、“どん底の下積み生活”だったという2人の意外な共通点が判明。

久本は、極貧の過酷な上京物語を振り返る。一方、つんく♂は、当初売れなかったシャ乱Qに影響を与えた同期バンドの存在を明かす。

後半の2月9日(木)では、久本を支え続けた最愛の母親との心温まるエピソードを紹介。

つんく♂は、歌手の命である声を失うこととなった声帯摘出手術を決断させた、家族への思いを告白する。さらに、「音楽家としての新たな人生へと導いてくれた」という曲を公開。

波瀾万丈な人生の二人が、その人生の軌跡を音楽でたどる。