今夜落オトす!! 男性が「本命女子を口説くとき」に使うお店の特徴6つ!

写真拡大

特別好きな相手に対しては、誰しも、特別な態度を取るはず。では、本命の女性を口説こう、と決心したとき、男性たちは一体、どんなお店へ行き、あの手この手で女性を口説き落とそうとするのでしょうか? 女性の知らない男性の心理を暴くべく、男性たちに、お店選びのポイントを聞いてみました。

(1)おいしいお店

・「料理がおいしく、相手の好みに合っているレストラン」(35歳/食品・飲料/営業職)

どんなに男性がトークで場を盛り上げようとしてくれていても、食事がおいしくなかったら、どんどんテンションも下がってしまいますよね……。おいしくて、なおかつ自分の好きな料理だったら、気分も乗ること間違いなし!

(2)落ち着いた雰囲気

・「落ち着いた雰囲気のお店。うるさい場所だとそんな雰囲気にならないから」(37歳/情報・IT/技術職)
・「落ち着いた空間で2人きりになれる場所」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ワイワイガヤガヤ盛り上がっている店が悪いわけではありませんが、じっくり口説きたい相手と行くには、ちょっと向かないでしょうね。声がお互いによく聞こえなかったら、甘い雰囲気も作れません。

(3)夜景

・「夜景が見えるオシャレなレストラン。女性はそういう店に弱いから」(30歳/その他/その他)
・「夜景がきれいな高層階のレストラン」(32歳/電機/技術職)

ロマンティックなムードを演出するには、なんと言っても夜景の美しさが効果絶大。きれいな夜景に胸を高鳴らせ、ムーディーな気分に浸れることでしょう。

(4)バー

・「暗めの落ち着けるバー。いい雰囲気になってくる」(33歳/建設・土木/事務系専門職)
・「特別な雰囲気のバーには連れて行きたい」(33歳/食品・飲料/技術職)

食事はにぎやかなところでして、その後はしっぽりバーへ。というのも手でしょうね。二軒目だからこそ、お互いにほろ酔いで、心を開きながら会話ができるかも。

(5)カジュアルさもある

・「あんまりこじゃれたレストランじゃなくて、大衆居酒屋みたいに緊張しないところ」(30歳/情報・IT/営業職)
・「高級かつ適度にカジュアルなところ。高級すぎるところは自分が緊張する」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

肩の力が入りすぎず、抜けすぎず、という絶妙なバランス感のあるお店もいいですね。女性側もあまり緊張せず、食事と会話を楽しめることでしょう。

(6)やっぱりハイクラス

・「予約が必要な高級店。すき家とか吉野家とかよりは誠意が見えると思う」(31歳/機械・精密機器/技術職)
・「雰囲気のある高級なお店。それなりの場所でなきゃいけないから」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

本気の本気を見せつけるためには、ハイクラスのレストランが王道なのでしょうか。プロポーズでもされるのでは?と身構える女性もいるかもしれませんね。

■まとめ

デートのとき、男性側が用意しておいてくれたお店が上記のような空間だった場合、その本気度はきっと高いはず。遊びのつもりで誘っているわけではないのです。お店選びから彼の真意を読み取り、2人の距離をグッと縮めたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数129件(22〜38歳の働く男性)