オレもしてー……。「終電間際にキス」しているカップルに思うこと6つ!

写真拡大

仕事や飲み会で、帰りが遅くなると、終電間際の駅の改札付近や、電車のホームで、キスをしているカップルを見かけたことがある、という人もきっといると思います。日本人の感覚からすると、なかなか大胆なことをしている彼らですが、こういうカップルを見て、男性たちはどう思うのでしょうか……? その本音に迫ってみましょう。

(1)恥ずかしくないの?

・「恥ずかしくないのかと思う。自分は恥ずかしくてできない」(33歳/商社・卸/事務系専門職)
・「公衆の面前で恥ずかしくないのだろうか」(33歳/商社・卸/営業職)

日本人の感覚だと、やっぱり公衆の面前でのキスは非常に恥ずかしいもの。欧米人なら普通でも、日本の文化では異なります。恥じらいを持たないことに疑問を感じるのも当然でしょう。

(2)こっちの気持ちも考えて!

・「意識しないようにする。まわりの人のことも少しは考えてほしいと思う」(37歳/情報・IT/技術職)

恥ずかしい人たちがいる、とわかっても、あえて注目しないというのはまわりの気遣いに他なりませんからね。周囲の気持ちを考えるのであれば、やめておいたほうが正解でしょう。

(3)終電なくなるよ!!

・「浮かれすぎると終電逃すよと言ってあげたい」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「早く帰らないと電車なくなっちゃうよ」(31歳/学校・教育関連/専門職)

お互いに離れがたくてキスをしているのはわかりますが、キスに夢中になっていると、時間のことはついつい忘れがち……。終電を逃してしまったときの絶望感を知っている社会人だからこそ、思うことなのかもしれませんね。

(4)切ない……

・「切ない感じになる。一緒に住めばいいと思う」(34歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

自分もそういうシチュエーションを経験したことがあるのでしょうか……。大好きな人と一緒にいられないことは、愛する人がいる人なら、きっと誰しもそのつらさがわかるはず。

(5)ほっこりと……

・「しつこくなければほほ笑ましい。名残惜しいのは理解できるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「なんだか少し感動する。よほど好きなんだなと思う」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

あえて、そんな恥ずかしい場所でキスをしているのは、本当に愛しているからに他なりません。お互いを思う気持ちがひしひしと伝わってきて、思わず心がほっこりしそうですね。

(6)うらやましい……

・「幸せそうでいいなぁと思う。別に公共の場でやっていることに対しては、何の文句も一切ない」(37歳/建設・土木/技術職)
・「自分にはできないけれど、ああいうことが思い切ってできる人がうらやましいなと思います」(34歳/学校・教育関連/専門職)

恥じらいはあれど、うらやましい気持ちはやっぱり心のどこかにあるものなのです。それだけ情熱的に愛し合っている2人、羨望のまなざしを向けないほうが、無理があります。

■まとめ

目立つところでキスをしているカップルに対し、苦言を呈する人も非常に多いですが、案外とう受け入れてくれている人も少なくないのかもしれません。とはいえ、イチャイチャするのにもTPOはありますから、まわりの雰囲気を見て、彼とのコミュニケーションの仕方を考えたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数129件(22〜38歳の働く男性)