「裸の消防士」イ・ジュニョク、10年前の殺人事件の濡れ衣を着せられる

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「裸の消防士」のイ・ジュニョクは、濡れ衣を脱いでハッピーエンドを実現できるだろうか。

先日18日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「裸の消防士」(脚本:ユ・ジョンフィ、演出:パク・ジンソク) で、カン・チョルス(イ・ジュニョク) が10年前の殺人事件の濡れ衣を着せられ追われる姿が描かれ、視聴者たちをやるせなくした。

クォン・ジョンナム(チョ・ヒボン) はオ・ソンジン(パク・フン) を殺人犯に追い込むために彼の家に侵入し、部屋の中にあったカン・チョルスのリュックサックにナイフを入れた。そのナイフは10年前、ハン・ジナ(チョン・インソン) の別荘殺人犯が持っていたナイフだった。

以来、ハン・ジナを介してカン・チョルスをオ・ソンジンと誤認したという事実を知ったクォン・ジョンナムはカン・チョルスを追った。バスターミナルのトイレでカン・チョルスと出会ったクォン・ジョンナムは、正当防衛に偽装してカン・チョルスを殺そうとしたが、彼はなんとか危機を免れてそこを脱出した。

しかし、リュックサックをクォン・ジョンナムに奪われたまま脱出したカン・チョルスは、警察暴行と10年前の放火殺人事件の共犯者として手配された。

劇の終盤、クォン・ジョンナムの不審な行動に疑問を抱くようになったハン・ジナは、カン・チョルスの隠れ家を訪ねてきた。

彼はなぜカン・チョルスのもとに訪れてきたのか疑問が生じる中、10年前の事件の真実は何なのか関心が増幅されている。

ハラハラする展開と視聴者の心拍数を高めている「裸の消防士」の最終回は、19日午後10時に韓国で放送される。