初公開されたコンセプトアート(上段)と
出演が明らかにされた声優陣 (C)2017 TOHO CO.,LTD.

写真拡大

 「ゴジラ」シリーズ初のアニメーション映画として製作が進められている「GODZILLA」から、1枚のコンセプトアートが公開された。さらに、梶裕貴、櫻井孝宏、杉田智和、諏訪部順一、花澤香菜、宮野真守という人気声優たちが出演していることが明らかになった。

 12年ぶりに国内で製作された最新作「シン・ゴジラ」が興行収入81.5億円を記録し、2016年公開の実写映画ナンバーワンの大ヒットを記録した「ゴジラ」シリーズ。17年公開を目指して製作が進められている今作は、世界に名をはせる怪獣王をアニメーションで描くという意欲作で、「シドニアの騎士」「亜人」などを手がけたポリゴン・ピクチュアズと静野孔文&瀬下寛之監督、「魔法少女まどか☆マギカ」「楽園追放 Expelled from Paradise」など話題作を多数手がける脚本家の虚淵玄がタッグを組んだ。

 ストーリーやキャラクターといった詳細はまだ明らかにされておらず、物語の舞台がどこなのか、時代はいつなのかといった設定もベールに包まれているが、このほど公開されたコンセプトアートには、人型の兵士、二足歩行のロボット、そして巨大な脚を持つ兵器のようなものの一隊が、霧立ちこめる森の中を進む様子が描かれている。

 そして、そんな同作に出演するキャストの一部も発表。「進撃の巨人」の梶、「おそ松さん」の櫻井、「銀魂」の杉田ら、いずれも数々のヒット作で主演を務める人気、実力ともにトップクラスの声優がズラリ勢揃い。「GODZILLA」エグゼクティブプロデューサーの古澤佳寛氏は「本作の為に日本のアニメーション界を代表する声優の皆さんに集まって頂きました。どなたが主演でもおかしくないキャストの皆さんだと思います。既に収録を済ませていて虚淵さんの生み出す物語やキャラクターと素晴らしい化学反応が起きています。続報にご注目下さい」と自信をうかがわせている。

 なお、3月26日に東京ビッグサイトで開催される「AnimeJapan2017」内で同作のスペシャルステージが行われ、続報が発表される予定だ。