iPhone所有率が多いのはどんな職業? 女性のスマートフォン利用実態調査。MMD研究所調べ

写真拡大

MMD研究所は、インテル セキュリティと共同で「女性のスマートフォン利用実態調査」を実施した。
調査は2016年12月6日〜12 月10日に、スマートフォンを所有する15歳〜49歳の女性<女子高生 n=328、女子大生 n=412、20・30代社会人独身女性(以下、独身女性) n=416、30・40代既婚女性(以下、既婚女性)n=418>1,574人を対象に行われた。

■iPhone所有率、女子高生が最も多く84.8%、格安スマホ所有率は独身女性が最も高く11.3%
スマートフォンを所有する15歳〜49歳の女性(女子高生 n=328、女子大生 n=412、独身女性 n=416、既婚女性 n=418)1,574人を対象に、所有しているスマートフォンについて聞いたところ、iPhone(キャリア、格安スマホ所有を含む)の所有率が女子高生では84.8%と最も多く、次いで女子大生が79.6%、独身女性が69.9%、既婚女性が62.9%となり女子高生のiPhone所有率が最も高かった。
Androidの所有率はiPhoneとは真逆の結果となり女子高生の所有率が最も低く、既婚女性の所有率が35.1%と最も高かった。

格安スマホの所有率はiPhone、Android端末(キャリア、格安スマホ所有を含む)を合わせると女子高生が6.7%、女子大生が4.1%、独身女性が11.3%、既婚女性が7.8%となり独身女性の格安スマホ所有率が最も高かった。
01

■1ヵ月の通信量6GB以上のヘビーユーザー、女子大生(30.9%)、独身女性(26.2%)女子高生(24.7%)既婚女性(8.3%)
スマートフォンを所有する15歳〜49歳の女性に、スマートフォンの1ヶ月の通信量を聞いたところ、「気にしていないのでわからない」を除くと、女子高生と女子大生は「6GB以上〜7GB以下」の回答が最も多く、それぞれ12.2%と12.9%。独身女性は「2GB以上〜3GB以下(12.5%)」、既婚女性は「1GB以上〜2GB以下(18.9%)」が最も多く、属性で1ヵ月の通信量のボリュームゾーンが異なる結果となった。

また、6GB以上と回答した結果をまとめると、女子大生が30.9%、社会人独身が26.2%、女子高生が24.7%、既婚女性が8.3%となった。
02

03

■女性のスマートフォン利用実態調査 - MMD研究所

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
・置くだけでiPhoneを充電できるバッテリーケース
・冷却ファン+モバイルバッテリー+スタンドにもなるグリップ
・フォーカルポイント、Apple AirPodsやBluetoothイヤホンに対応したキャリングケースを発売
・ソフトバンクの広告新キャラクターにジャスティン・ビーバーを起用
・ユピテル「霧島レイ」シリーズに腕時計型ウェアラブル「Lei Watch」が登場