イベントや合コンなどで気に入った男性に出会えた、なんとか彼の連絡先をゲットして近づきたいとき。あなたならどうしますか? 一体どんな方法を使ったらよいのでしょうか?
ましてや素敵な男性ならば狙っている女性もほかにもいるはず! そんな女性陣を出し抜いて手を替え品を替え、お近づきになるテクをご紹介いたしますね。

その1: 情報先のURLを送ってもらうテク

どんなことに興味があるか聞きだしているうちに、彼好みのお店やイベントなんかの情報を教えてもらいましょう。そのさいに一件程度だと「◯◯って検索すると出てくるよ」と、なり兼ねないので、いくつかまとめて教えてもらうといいですよ。
男性はもともと、頼られたり甘えられたりすることに喜びを感じるので、嫌な気分にはならないはずです。気の利く彼なら、自分との共通点があるなら「一緒に行ってみる?」と、お声がかかるかも知れません。また送ってもらったさいに「一人では行きづらいから一緒に行ってくれる?」と、話を振ってみるのもよいかもしれません。

その2: 秘密をつくるテク

たとえば写真を見せるというテクですが、スマホのなかに“見られても大丈夫なフォルダ”を作っておいて、それを見せてあげるという方法があります。堂々と見せられるというのは、相手に対して信頼感を与えますよね。また自分だけに見せてくれるということで秘密を共有しているような気にもなりますから、「好意を持たれてるのかも!?」と感じるようです。
またその際に彼もあなたに見せてくれるとすれば、より二人の関係が親密になるきっかけになると思いますよ。つまりなにらかしら二人の秘密をつくるというのはキーポイントになります。

その3: 写真と撮って送るテク

そして一番自然なテクは、写真を撮ってLINEでグループをつくり何人かで共有することです。そうすることでLINEを通してお礼も言いやすいですし、マメにコンタクトをとりやすくなります。
ただリスクがあるとすれば、そのグループをつくったときのほかのお友だちも彼とコンタクトをとりやすくなるということです。あなたをきっかけに彼とお友だちの橋渡しになってしまうこともありえるので、案外良し悪しです。

いががでしたか? 最近の傾向としましては、とくに若い男性は恋愛を面倒くさいと思っている傾向があり、なかなか自分から積極的に動くということをためらってしまうそうです。さらに女性以上にデリケートですから、リスクを背負ってまでして傷つきたくないと思ってしまうようで、そういったことを考えますと、むしろ女性の方から導いていかないと進展しにくいのかもしれません。すべてあなた主導である必要はありませんが、わかりやすいきっかけを作ってあげた方がスムーズに運びそうです。