数字が大きいほどプラスの影響が大きい

写真拡大

専門店ができたり、食パンがおいしい店が話題になったりとブームになっている食パンは、日本人にはとっても身近な存在です。「朝食は絶対に食パン」という人も多いと思います。

人気の食パン3ブランドをBONDICがネットアンケートをもとに比較した結果が発表されました。

比べたのは深津絵里さん演じる「出張パンの料理人」のCMが印象的なパスコ「超熟」、パンパパパン朝はパン♪のCMでお馴染みのフジパン「本仕込み」、そしてヤマザキ「超芳醇」です。

たかが食パン、されど食パン、違いはいかに......?

満足度トップは「本仕込み」

注目したのは1)味や食感の満足度、そして2)各ブランドに対するイメージです。

まず、各食パンブランドのファンに食パンに対する満足度を調査したところ、総合的な満足度が最も高いのはフジパン「本仕込み」で39%、次いでパスコ「超熟」で33%、ヤマザキ「超芳醇」で24%の順番でした。

総合で評価されている点はそれぞれ。パスコ「超熟」は「食感のバランス」と「焼いた時の香ばしさ」、ヤマザキ「超芳醇」は「もっちり感」と「小麦の風味」、そしてフジパン「本仕込み」は「もっちり感」と「味のバランス」でした。

もっと忠誠心の高いロイヤルファン(「食パンはコレ!」と決まっていて浮気しない人)に限ってみてみると、ちょっと違う結果も出ました。「超熟」は「甘さを感じる」が、「超芳醇」は「カリカリ感」が最も高くなっているのです。唯一「本仕込み」にはファン全体とロイヤルファンにブレがなく、両方とも「もっちり感」が満足ポイントのようです。

次は、ブランドイメージについてです。

馴染み深いあの食パンがイメージ1

総合的なイメージが最も高かったのはパスコ「超熟」で50%、次いでフジパン「本仕込み」で43%、ヤマザキ「超芳醇」で28%の順番でした。

イメージアップに影響している項目のトップはそれぞれ違います。パスコ「超熟」は「馴染み」で37.4%、ヤマザキ「超芳醇」は「有名」で28.9%、「本仕込み」が安心感で49.7%でした。「安心感」は3つのブランドで比較的高く、「これを買っておけばハズレはない」という信頼が全体的にいいイメージにつながりやすいようです。

毎日のように食べるものだからこそ、余計な冒険をしてガッカリしたくないという気持ちもありますが、たまには浮気して比べてみてもいいかもしれません。意外な発見があるかもです。

調査はBONDICが2016年12月1日〜12月4日、20歳〜69歳の全国の男女に対しインターネットで。