チョン・ギョンホ&ペク・ジニ主演「ミッシングナイン」放送開始…目が離せない展開で“ブームを予告”(総合)

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
MBC水木ドラマ「ミッシングナイン」が第1話から空前絶後の大作ドラマの誕生を知らせた。

18日韓国で初放送された「ミッシングナイン」は、飛行機墜落事故と無人島漂流という韓国のドラマでは見たことのなかった新鮮な題材で視線を引きつけた。また、チョン・ギョンホ(ソ・ジュノ役) とペク・ジニ(ラ・ボンヒ) の出会いから、事故に遭うまでのストーリーがスピーディーに展開され、緊張感いっぱいだったという評価を得ている。

「ミッシングナイン」の唯一の生存者であるペク・ジニの帰国から、飛行機墜落事故と無人島失踪事件の真実をめぐる疑惑が浮上した。これはペク・ジニが墜落事故4ヶ月ぶりに一人で帰ってきて韓国を大騒ぎにした現在と、事故が発生した過去を行き来する緻密な構成で描かれ、一瞬も目が離せない没入感を与えた。

チョン・ギョンホとペク・ジニなど俳優たちの熱演も際立った。チョン・ギョンホは過去の回想シーンと干潟シーンで身を投げるとぼけた演技で、ソ・ジュノの刺々しくゆるい魅力を完璧に発揮した。一人で帰ってきた生存者の混乱する感情を表現したペク・ジニのディテールな演技も存在感が際立ったという評価だ。

その他にも義理堅いマネージャーのオ・ジョンセ(チョン・ギジュン役)、トラブルメーカーのチェ・テジュン(チェ・テホ役)、トップ女優イ・ソンビン(ハ・ジア役)、無人島の希望EXOのチャンヨル(イ・ヨル役) など、個性たっぷりのキャラクターが登場し、彼らの複雑に入り組んだ関係が今後どのように発展していくか、期待感を高めている。

何よりこの日の放送は、突然の事故にチョン・ギョンホ、ペク・ジニなどレジェンドエンターテインメント所属の9人を乗せた飛行機が墜落するシーンでエンディングを迎え、今後彼らが直面する事態へのさらなる好奇心をくすぐっている。特に、この墜落シーンは映画「バトル・オーシャン/海上決戦」「海にかかる霧」の撮影チームが参加しただけに、巨大なスケールと素晴らしい映像美を披露した。

このように「ミッシングナイン」は第1話から新鮮な題材と緻密な構成をもとに、嵐のような展開が繰り広げられたのはもちろん、俳優たちの熱演に巨大なスケールまで加えられ、視聴者の五感を刺激した。