写真提供:マイナビニュース

写真拡大

GSユアサは1月19日、中国の天津に自動車用鉛蓄電池の工場を新設することを決定したと発表した。

新工場は天津市南港工業区に位置し、敷地面積はグループ最大となる18万m2。天津にある既存工場の生産を新工場に移転・集約するほか、生産の効率化と合理化を進めることで、年間の生産能力を既存工場比で2倍となる最大800万個へと高める計画だという。

なお、すでに建設は開始済みで、2018年の夏ごろには稼働を開始する予定だという。総投資額は約175億円を予定しており、年間売上高は現在の約2倍を目指すとしている。

(小林行雄)