東京オートサロン2017で1月15日に発表された東京国際カスタムカーコンテストの各部門賞。その受賞車両を実際に見てきました。今回はKカー・コンパクト部門。

1

最優秀賞はKLCのCOPEN Shooting Brake。

コペンのハードトップと置き換えるカタチで装着されたロングルーフでワゴンスタイルに仕上げた1台。実用性も一気に向上します。

フロントはノーマル然としていますが、リップスポイラーなどで引き締め、可愛さもカッコよさも共存する秀作と言えるでしょう。

優秀賞はBLITZ ALTO WORKS。

圧巻はカーボンボンネット。ただでさえ軽いアルトワークスに更なる軽量化を施すというやり過ぎ感がたまりません。

また、ターボエンジンの更なる強化を見越して排熱処理も施してあり、これから手をつけるというBLITZのエンジンチューニングにもしっかりと応えてくれそうなカーボンボンネット。

また、ライト周りやエアロバンパー、サイドステップなどきっちりと空気を流すエアロ類も揃えてきました。

こちらも優秀賞のパンドラHKSテクニカルファクトリーS660。

サーキットタイムアタックを目指してHKSとコラボで作られたS660.ビス止めオーバーフェンダーが圧巻です。

カーボンのウイングに、これまたカーボンのエアインレット。エンジンフードもカーボンと、贅沢にカーボンパーツを使いまくるホンキ仕様。

ロールバーはオープン対応でルーフセンターをパイプが通る仕様。ハードトップは脱着式と、S660本来のオープンカーとしての魅力も捨ててはいません。

ここに紹介したKカー・コンパクト部門受賞車を含め、東京国際カスタムカーコンテスト受賞車両から投票で選ばれるカスタムカーグランプリ。東京オートサロン2017の公式サイトから1月22日23時59分まで投票できます。

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

東京国際カスタムカーコンテスト受賞車両発表
http://www.tokyoautosalon.jp/2017/contest/

【関連記事】

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、コンセプトカー部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/18/437684/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、チューニングカー部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/18/437697/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、セダン部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/18/437758/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、ミニバン・ワゴン部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/17/437775/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、SUV部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/19/437787/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、Kカー・コンパクト部門受賞車を見てきた(http://clicccar.com/2017/01/19/437805/)