アスルクラロ沼津の中山雅史【写真:Getty Images】

写真拡大

 J3のアスルクラロ沼津は、19日に2017シーズンに向けた新体制の選手リストを発表した。49歳の元日本代表FW中山雅史も、“背番号39“でメンバーリストに含まれている。

 日本代表やジュビロ磐田で国内屈指のFWとして活躍し、昨年佐藤寿人に抜かれるまでJ1通算最多得点の記録も保持していた中山は、コンサドーレ札幌でもプレーしたあと2012年に現役を引退。だが2015年9月に日本フットボールリーグ(JFL)の沼津に加入し、47歳での現役復帰を果たした。

 沼津は昨年のJFLで年間3位の成績を収め、J3参入条件を満たしたことで2017年からJリーグで戦うことになった。昨季に続いて背番号39で選手登録される中山も、2012年以来5シーズンぶりにJリーガーに返り咲くことになる。J2横浜FCとの契約を更新したFW三浦知良(カズ)に次ぐ、現役2番目の年長Jリーガーだ。2月に50歳となるカズに続き、中山も9月に50歳の誕生日を迎える。

 チーム数が奇数となる2017年のJ3で、沼津は第1節には試合がなく、3月18日にホームで行われる第2節の福島ユナイテッドFC戦がJリーグでの初めての試合となる。沼津加入以降の2015年、2016年を通して公式戦の出場はなかった中山だが、再びJリーグのピッチに立つ日はやってくるのだろうか。

text by 編集部