<SMBCシンガポールオープン 初日◇19日◇セントーサGC(7,398ヤード・パー71)>
国内男子ツアー開幕戦、アジアツアーとの共同主管で「SMBCシンガポールオープン」が本日19日(木)より開幕 。午前組の全選手がホールアウトし、谷原秀人とカン・キョンナム(韓国)が6アンダーで首位に並んでいる。

INからスタートした谷原はこの日7バーディ・1ボギーの“65”をマーク。「マスターズ」出場圏内の世界ランク50位以内に向けて最高の滑り出しを見せた。
1差3位タイにハン・スンス(米国)、カイル・ガビン・グリーン(フィリピン)、2差5位にショーン・ノリス(南アフリカ)がつけている。
昨年覇者のソン・ヨンハン(韓国)は1アンダー32位タイ、唯一の大会連覇を果たしているアダム・スコット(オーストラリア)は前半9ホールを消化し、池田勇太らと共に1オーバー95位タイとしている。
また、米ツアー19勝のアーニー・エルス(南アフリカ)はハーフを終えて2オーバー116位タイ、世界ランク15位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)はイーブンパー51位タイで初日を終えている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ヨネックス展示会レポ1】「Royal EZONE」は空気を抜いて、ぶっ飛びに?