【安斎流・恋愛姓名判断】外運43画の人は情に厚い分、ルーズな恋愛に陥りがち

写真拡大

――名字の1文字目と、名前の最後の文字を足した画数を「外運」と言います。外運は、対人運や恋愛傾向があらわれる場所。外運の画数から、その人の好きになりやすいタイプや、恋愛パターンをみていきましょう。

【安斎流・恋愛姓名判断】バックナンバーはこちら>>>

<第39回 外運「43画」>

■外運「43画」の人の恋愛キーワード
★吉凶……吉数
★キーワード……頭の回転が速い。情に厚い。おっちょこちょい。対人関係がルーズ。

<外運とは?>
 外運は、「名字の1文字目」と「名前の最後の文字」の画数を足したものです。ただし、名前3文字以上、名字3文字以上の場合は異なります。佐藤・真理子の場合、名字の「佐」と名前の下二文字「理子」が外運に、御手洗・萌の場合、名字の「御手」と名前の「萌」が外運になります。自分を取り巻く環境をあらわし、対人運や恋愛傾向がわかります。また、外運の「端数」とは、一桁ならその数字、二桁なら一の位のことを指します。

■外運「43画」の人の恋愛傾向
 情熱的で、好きな人には自分からアプローチする外運「43画」の人。ただし、冷静さが足りないため、行き当たりばったりな行動になってしまいます。付き合いが始まれば楽しい恋愛になり、サービス精神が旺盛なため、相手にはとことん尽くすでしょう。セックス面でもそれが強く出てしまい、快楽的な関係に満足して、愛が深まらない傾向もあります。結果、ルーズな関係を続けたり、次々と恋愛を繰り返すことになりがち。お人よしな面もあるので、一度関係を持ってしまったら引き際の判断ができず、ずるずる付き合ってしまうことも。

■外運「43画」の人と相性がいいタイプ
 押しが強く情熱的な外運「43画」ですが、人の意見に素直に耳を傾けることができます。なので、外運「43画」の行動をいさめ、思いやりや優しさを持って、じっくりと愛を深めていける相手がオススメです。じっくり恋愛していく端数「0」は、暴走しがちな外運「43画」のいいストッパーになるでしょう。思いやりのある端数「5」「8」(28画は除く)もいいでしょう。また、端数「7」も付き合うほどに愛が深まっていくタイプです。逆にオススメできないのは、理論や理屈を求める相手。また、外運「43画」は子どもっぽいところもあるので、キツい相手とも相性がよくないでしょう。

 外運「43画」の人は、先走ってしまうことが多いので、信頼できる友人や家族に相談をすることが大切です。グイグイ行くだけではなく、たまには待ちの姿勢ができるようにしましょう。また、相手に好かれたいと、尽くしたり見栄を張ったりしてしまうこともありますので、等身大の自分も忘れずに。
(安斎勝洋)