斉藤由貴の目の演技がコワい!NHKのホームドラマは“毒母”サスペンス【金曜ドラマ】

写真拡大

【スナイパー小林の2017冬ドラマ評 金曜編1】

 2017年の冬ドラマが始まった。今クールの作品「お母さん、娘をやめていいですか?/NHK総合」と「就活家族〜きっと、うまくいく〜/テレビ朝日」は、家族の闇がシンクロしていた。本音も言えない肉親同士の話がドラマのネタになるとは、寂しい時代になったものよ……。今回は金曜放映の2作品をピックアップ!

◆娘依存が愛情を通り越してもはや恐怖

●お母さん、娘をやめていいですか?
NHK総合 金曜22時〜
出演:波瑠、斉藤由貴

 早瀬美月(波瑠)は実家から仕事に通う25歳の英語教師。母親の顕子(斉藤由貴)とはなんでも気が合う、親友のような関係……というのは建前で、顕子の一人娘に対する依存度は高い。社会人になった娘の仕事の相談にもとことん口を出して、将来は同居の予定。一方、美月はどこか母親の顔色を伺って本音を出し切れない部分があり、円形脱毛症で悩んでいることを口に出せずにいるのだった。

 一日中娘とLINEメールを送り合い、娘のデートもきっちり尾行する。そんな顕子の決めぜりふは、「ママの言う通りでしょ」。初っ端から、日常のシーンなのに奇行を見ているような感覚に陥った。これはホームドラマを超えてサスペンスだと思って視聴するのがお勧め。

 娘に依存する顕子もまた、介護施設に入居している自分の母親から依存されており、「(顕子の兄弟にあたる)息子はダメよ、お嫁さんの言いなり!」と愚痴る母親の圧を一身に受けている。こういうことは母から娘へと受け継がれるものだろうかと、ちょっと我が身を振り返ってしまった……恐怖。

 こういう闇のある役をやらせたら、やはり斉藤由貴はハマる。妙な自信を持っているとか、瞳孔を思い切り開く演技は彼女の右に出る者はいないだろう。柳楽優弥が波瑠の恋のお相手役。エキセントリックな役柄が印象的なだけに、普通のサラリーマン役が新鮮なんだな。

◆深キョンの洗練されたバカっぽさ

●下剋上受験
TBS 金曜22時〜
出演:阿部サダヲ、深田恭子

 桜井家は父・不動産営業マンの信一(阿部サダヲ)、専業主婦の香夏子(深田恭子)、一人娘の佳織(山田美紅羽)の3人家族。夫婦はそろって中卒、古い集合住宅に住んでいる。学歴にコンプレックスを感じながら家族のために働く信一は、せめて娘にはそんな思いをさせたくはないと中学受験を決意。それも塾にも通わせず、自分が勉強を教えるというのだが……?

 中卒だと二流の生活で、高学歴だとタワマンに住んで優雅な生活。ややこの設定に古臭さを感じたけど、阿部サダヲが主演というだけでワクワクする。さらに作品には皆川猿時も信一の同級生役で登場、と「大人計画」の勢いを感じずにはいられない。

 放送前から深キョンの元ヤンという設定が話題になったけれど、今回も彼女は期待を裏切らずに可愛い。どうしたら、ああいう洗練されたバカっぽさがかもし出せるのか。

<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k