神話「週刊アイドル」でランダムプレイダンスを披露…ベテランらしからぬ姿に笑いの連続(動画あり)

写真拡大

神話(SHINHWA) はさすがバラエティアイドルの元祖である。

韓国で18日に放送されたMBC every1「週刊アイドル」には神話が出演した。

帰ってきたレジェンドアイドル神話はヒット曲パレードでデビュー初の初々しさが残っている「ウシャウシャ」をはじめ、「Wild Eyes」の“椅子ダンス”、「This Love」の“ヴォーギング(Vogueing) ダンス”などほかのアイドルグループとの差別化を図る神話だけのパフォーマンスで視線を集めた。

続いてランダムプレイダンスに初めてチャレンジした神話は、バラエティのベテランらしからぬ緊張した姿を見せた。スタートと同時に6人全員が動線を離脱しながらそれぞれの振り付けを披露し、大きな笑いを誘った。まさにメンブン(メンタル崩壊) の連続だった。

特にリーダーのエリックがとりわけぼんやりとした姿を見せ続けるとMCチョン・ヒョンドンは、「エリックさんは初めて聴く音楽のようですが」と指摘し、スタジオに大きな笑いを誘った。するとエリックは「Wild Eyes」に対して、「椅子がないから何の歌か分からなかった」と告白したりもした。

とんでもないアカペラの実力も笑いを誘った。誰もが分かりそうな不協和音がスタジオを襲った。神話のメンバーたちはお互いのお尻を触りながら団体写真を撮影し、バラエティセンスをアピールした。