ソン・イェジン「今年の映画賞」で主演女優賞を受賞“時代精神を失わない女優になりたい”

写真拡大

ソン・イェジンが主演女優賞を受賞した。

18日午後、ソウル中(チュン) 区太平路(テピョンノ) プレスセンターにて開かれた映画記者協会主催「第8回今年の映画賞」授賞式では、昨年「荊棘の秘密」「ラスト・プリンセス」を通じて大活躍した女優ソン・イェジンが主演女優賞受賞の栄光を手にした。

ソン・イェジンは、「2017年にこのように良い賞でスタートできて、今年1年は気持ち良く開始できるのでときめきます」として受賞の感想を話し始めた。

引き続きソン・イェジンは、「自ら努力して観客の方々に認められる女優になりたい。韓国を愛する限り、女優として、国民として共に泣いて笑って、時代精神を失わない女優になる」と話した。