1.2億円のロボットが売れた?(Amazonより)

写真拡大

 1月7日放送の『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)で、ピン芸人・バカリズムが紹介した話が話題を呼んでいる。いわく、世界最大のネット通販サイト『Amazon』には1億2000万円もする巨大ロボットが存在するという。

 一体どんな商品なのか。本誌は早速リサーチを開始した。商品名は『クラタス スターターキット』。重量5トン、全長3.8メートルのエンジン駆動人型四脚巨大トイロボットで、値段はバカリズムの証言通り「1億2000万円」とある。こんな巨大な商品にもかかわらず、配送料はたった350円だ。いったいどんなモノなのか。ITジャーナリストの三上洋氏に聞いてみた。

「製作・販売元は造形作家の倉田光吾郎氏を中心とする実験的なプロジェクト集団・水道橋重工です。倉田氏は過去にアニメ『装甲騎兵ボトムズ』に登場する二足歩行ロボット『スコープドッグ』の4メートルの実物大モデルの製作などの実績から、海外では知られた存在です。

 その倉田氏が、ロボット研究者でロボット制御システム界の気鋭の新人・吉崎航氏とともに作り上げたのが『クラタス』です。2013年12月からAmazonに出品されていて、何度も品切れと在庫復活を繰り返してきました」

 つまり「売れている」ということ? 『クラタス』の販売ページのレビューにはこんな書き込みがあった。

〈「本当」に購入しました(中略)さすがに個人では買えないので企業からの購入です〉

 1億2000万円の高額商品がネット通販されているだけでも驚きなのに、まさか、本当に買った人がいたとは……。本誌が調べたところ、『クラタス』が同サイトの最高額商品のようだが、Amazon広報は「取扱商品が2億種類に及ぶため、確認がとれません」とのことだった。

 ちなみにAmazonでは他にも3500万円の超高級ペルシャ絨毯、3400万円の天然大理石彫刻・海神大噴水ガーデンアートなどが販売されていた。

「Amazonでは、2010年頃から高額商品の取引が盛り上がっている。Amazonに対する信頼度が上がったということ」(三上氏)

 気になるのは、高額の支払い方法。Amazon広報はこう説明する。

「クレジットカード決済に加え、お客様のカードの与信枠が足りない場合にはAmazonギフトカードもご利用可能です」

 ギフトカードでの支払いはかなり大変そうだが……。それでも巨大ロボット、是非操作してみたいものだ。

※週刊ポスト2017年1月27日号