足の筋力アップが髪を育てる!?今すぐできる5つの白髪予防ケア

写真拡大

メイクやファッションが完璧で姿勢が良く表情豊かでも「苦労してそう...」「もしかして疲れてる!?」と思わせてしまうのが「白髪」の存在。染めるほどではないけれど、くせ毛になっていることが多くて1本でも黒髪の中ではかなり目立つもの。自分でも白い1本を見つけると気分が滅入りますね。そんな悩ましい存在の「白髪」はなぜ生まれるのでしょうか?

髪の色も「メラニン色素」で決まる

髪の毛の黒さは肌の日焼けなどと同じ「メラニン色素」の影響で決まります。メラニン色素の種類によって、ブラウンや黒など髪の色が変わってきます。そもそも、チロシンとチロシナーゼという物質が結合してメラニン色素が生成されますが、この結合の働きがうまくいかなかったり、チロシナーゼの生成が低下したりすると髪の毛が黒くならないと言われています。

今日からできる! 5つの白髪予防ケア

では、その「チロシンとチロシナーゼの結合がうまくいかなくなる」原因は何でしょうか? 遺伝や年齢に伴う機能低下が大きな原因とされていますが、若くても白髪が出てくることはありますね。遺伝や年齢だけの原因ではなく、生活習慣やストレスなどさまざまな要因があるというのが最近の考え方。白髪予防の助けになる、自分で簡単にできる方法をまとめました。

1.代謝を促す海藻類はやっぱり大事!

見た目も似ているためか、「髪には海藻が大事」という話は良く知られています。海藻には、細胞の成長や代謝を促す作用があるとされるヨウ素が豊富に含まれているからです。ひじき、昆布、のりなどの海藻をたっぷり食べましょう。同じくヨウ素を含むイワシやサバなどの魚もおすすめです。

2.血流アップのための頭皮マッサージ

血行が良くなれば頭皮の老廃物の流れが良くなり、メラノサイト(メラニンを生成する細胞)の働きもアップします。そのためには頭皮を揉むようにヘッドマッサージをするのが効果的です。また血液をサラサラにしたり血流を促すと言われているビタミンCやEを豊富に含む緑黄色野菜や、身体を温める温かい食べ物を摂るのもいいでしょう。前述の海藻類も血流アップに効果があります。

3.ノンストレスな生活を心がける

ストレスは血管の収縮による血行不良や代謝の低下にもつながり、白髪の要因に。ストレスゼロの生活をおくるのは難しいけれど、なるべく、ゆっくりとお風呂に入ってリラックスすることや、親しい友人や恋人とのんびりした時間を過ごすことを心がけて。お笑いのDVDやコミックなど気分を切り替えるサプリメント的娯楽や、ポジティブな考え方を与えてくれるメンターや愚痴に付き合ってくれる家族の力を借りる...など、自分なりのストレス軽減プログラムを持っておくといいでしょう。

4.黒髪も寝ている間に作られる

美肌にとって十分な睡眠が大切ということは良く知られていますが、「黒髪」を作るメラノサイトの働きも同じこと。寝ている間に成長ホルモンが分泌され、また日中の紫外線やホコリなどの刺激から「守る」体制だった細胞が、「作る」ことに専念できる時間です。「髪を育てる時間」と思ってできる限り夜更かしせず、十分な睡眠をとるようにしましょう。

5.遠いようだけれど、足の筋肉が髪も育てる

私たちの全身の血流は、主に脚の筋肉がポンプの働きをして大きな流れを作っています。この筋肉をしっかり動かすために、運動は大事。エレベーターやエスカレーターより階段を使う、電車の中で席を探さない、ひと駅くらいの距離なら極力歩いて移動するなど、特別なスポーツをする時間が持てなくても、隙間時間の小さな努力を積み重ねていきましょう。ふくらはぎが膨らんだり縮んだりしながら全身の細胞に血液を送っている様子を想像すれば、頑張れるかも!?

いかがでしょうか? 白髪予防ケアは、どれも美肌&健康のためにも大切なことばかりですね。全身トータル美人を目指してぜひ試してみてください!

お話を伺ったのは...
ライフスタイルジャーナリスト/エディター・吉野ユリ子さん
美容関連の企画制作会社、ハースト婦人画報社を経てフリーに。女性誌や広告を中心に、ビューティ、ウェルネス、インタビュー、書評、インテリア、結婚&恋愛、旅、食などの分野で編集・執筆に携わる。プライベートではトライアスリートとしてアイアンマンを3度完走。

参考文献:
佐藤友美『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)
古荘文彦『古荘メソッド汽張簇吋廛蹈哀薀燹戞WAVE出版)
高原いずみ『白髪を治す黒色健康法』(健友館)

【関連記事】
・ 顔のたるみ&髪のパサツキ対策!頭皮マッサージの効果がすごい♪
・ 地味だけどダイエットの強い味方! 美容と健康に欠かせない「海藻」のすすめ

photo : Thinkstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。