写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は1月19日、アプリケーションのパフォーマンスおよび負荷テストをクラウドベースで可能にする「HPE StormRunner Load」をVirtual User Hoursに基づく従量課金ライセンスモデルとして、AWS Marketplace上で提供を開始した。

HPE StormRunner Loadは、アプリケーションの負荷・性能テストをクラウド型で提供するプラットフォーム。エンドユーザーは、性能テスト環境を自前で準備することなく、同プラットフォームを利用することで迅速に性能・負荷テストの開始が可能となる。

今回のアップデートにより、「HPE StormRunner Load」をAWS Marketplace上のSaaS Subscriptionでも利用が可能となった。また、同ソリューションをモバイルアプリのテスト基盤「HPE Mobile Center」や「HPE AppPulse Suite」と組み合わせることで、アプリケーションのテストから稼働、さらにはモニタリングに至るまで、一連のアプリケーション開発サイクルを包括的にサポートするソリューション群を利用することが可能。

HPE StormRunner Loadの主な特徴として、分析機能を備えたクラウドサービスを常時利用することが可能なほか、既存のAWSアカウントで使用状況の確認や機能強化を行うことができる。加えて、AWSクラウド上でロードジェネレータをスピンアップ、またはプライベートクラウド上でDockerベースのロードジェネレータを使用することで、内部および外部アプリケーションのパフォーマンステストを実現するとしている。

そのほか、JMeterやGatlingなどのオープンソースツールをサポート。また、HPEおよびHPE以外のモニタリングツールにも対応していることに加え、複数のプロジェクトを進行させる際のタギングや使用状況レポートを効率化し、費用対効果を最適化するとしている。

(岩井 健太)