任天堂は1月19日、スマートフォン向けとして「ファイアーエムブレムヒーローズ」ゲームアプリを、2月2日より配信開始すると発表しました。
 
任天堂のスマホゲームアプリとしては、Miitomo、スーパーマリオランに続く第3弾です。対応OSはAndroidとiOSで、Android版はGoogle Playで事前登録の受付が始まっています。現時点での配信は日本やアメリカを含む39カ国となっています。

ストーリーは完全な新作

「ファイアーエムブレムヒーローズ」は、人気シリーズ「ファイアーエムブレム」のスマホ向けシミュレーションRPGで、ストーリーは完全な新作です。
 
基本プレイは無料で、オーブというアイテムを使ってゲーム内の英雄を召喚します。オーブはゲーム内で入手できるほか、「ガチャ(有料の電子くじ引き)」で課金して購入することも可能です。また連続して召喚すると、召喚に必要なオーブ数が少なくなるなど、課金額の増えすぎを防ぐ仕組みが用意されているようです。
 
戦場マップは8×6マスで構成され、スマホのタッチやスワイプ操作で手軽に楽しむことができます。
 
また任天堂は3月末までにスマホ版「どうぶつの森」の配信も予定しています。
 
 
Source:日本経済新聞,Gigazine
(lunatic)